2005年09月16日

夢を実現する戦略ノート

【夢を実現する戦略ノート】三笠書房
(著 / ジョン・C・マクスウェル)
(訳 / 齋藤孝)


齋藤孝さんによる、ジョン・C・マクスウェルさんの翻訳本の2冊目です。
大変すばらしい本でした。

以下に、僕が感銘を受けた文を引用します。
(ジョン・C・マクスウェル氏は、たくさんの名言を引用しておられましたが、今回は、ジョン・C・マクスウェル氏の言葉のみを集めてみました)



■「成功したいなら、常に自分の“最終ヴィジョン”をイメージしておき、長い目で見た人生戦略を必ず立てることである。」(齋藤孝)

■「何かを手に入れたとしても、その喜びや充実感は一時的なもので、成功を手にしたというわけではないのだ。」(子供は、欲しかった自転車を買ってもらっても、すぐに飽きる)

■「どんなに長生きしようが、人生でどのような選択をしようが、あなたの潜在能力は無限であり、成長する力が尽き果てることもない。
人を助ける機会が枯渇することもない。」

■「積極的に自らの人生の目的を見出さなければ、見当はずれのことに人生を費やす可能性が高い」

■「人はそれぞれユニークな存在である。まったく同じ才能、生い立ち、未来を持った人間は二人と存在しない。
だからこそ、自分以外の誰かのようになろうとするのは重大な過ちなのだ。」

■「あなたは自分自身のイメージと食い違った行動をとり続けることはできない。
自分には可能性があるという自信がなければ、それをものにすることはできない。
可能性を存分に生かそうという気構えがなければ、決して成功することはできない。」

■「いったん何に心を集中させるかを決めたら、そのために何を捨てるかを決めなければならない。
これは何度でも強調したい、非常に重要なことだ。
ある程度の犠牲を払わずして、成功はあり得ない。“成功”と“犠牲”は表裏一体のものだ。」

■「持続的な進歩こそが、能力を最大限に活かし、成功を手にするためのカギである。」

■「過去にどのような問題にぶつかったとしても、あなたはそれを克服するだけの潜在能力が備わっているのだ。」

■「自分が人生に何を求めているのか、まったくわかっていないのに大きな成功を収められるのだろうか。
そんな人は、私には心当たりがない。人間には意味のある目的が必要だ。」

■「全ての選択肢を持ち続けようとすると、はじめのうちは、いろいろな可能性があるのはいいことのように思える。
しかし時間が経つにつれて、選択肢を維持するのに忙しくなり、前進することもままならなくなってくる。」

■「重要なことだけに集中すると時間の余裕ができ、道に迷うこともないのだ。」

■「夢は、私たちの未来をもっとよく予見させてくれる。成功が約束されるわけではないが、その可能性は飛躍的に大きくなる。」

■「全てはアイデアの種から始まる。つまり心に秘めた熱い思いから生まれたヴィジョンである。」

■「人間というものは、自分で思い描いている自分の姿とかけ離れた行動をとることはできない。
成功できると信じることができて、はじめて本当に成功できるのだ。」

■「現状に満足していたのでは成功を手にすることはできない。積極的に変化を求めなければならない。
建設的な不平不満こそが、人生の目的を見出し、潜在能力を伸ばす原動力になるのだ。」

■「もしも昨日までやってきたことが大きなことに思えるなら、今日はまだたいしたことを成し遂げていないということだ。」

■「習慣とは、何も考えなくてもできることである。
しかし、考えなくてもできることばかりやっていると、疑問を感じることも、夢を持つこともやめてしまう。
つまり、習慣にはあなたの可能性の扉をゆっくりと閉ざしてしまうような力もあるわけだ。」

■「闇雲に行動に出るのではなく、能力も磨いておかなければならない。」

■「赤の他人からの批判には耐えられても、愛する人から攻撃されると気持ちが萎えてしまいがちなものだ。」

■「友達だと思っていた人に足を引っ張られることもある。思いもしなかった人が助けてくれることもある。
誰が、どのような批判をしてこようとも、あなたは目標を見失ってはならない。」

■「積極的な心構えが特にない人の夢は、空想で終わる。
積極的であっても夢がない人は、快活だが、進歩することがない。
積極的な心と夢を持った人の夢は、限りない可能性を秘めている。」

■「自分では認めたくないかもしれないが、10代の終わりにもなれば、全ては自分で選んだ結果ということになる。
21歳を過ぎれば、自分の選択は言うに及ばず、身についた心がまえにも例外なく責任を持たなくてはならない。」

■「あなたの人となりや考え方は顔に表れるものだ。
鏡に写った自分が気むずかしい顔をしているなら、それがあなたの人生に対する心がまえというわけだ。」

■「どのような出来事が自分の身に降りかかるかを自分でコントロールすることはできないが、
自分に起こったことに対してどのような反応をするかは、100%自分の責任である。」

■「過去のことは自分ではどうすることもできない。
しかし過去に身につけたことを今にどう活かすかは自分の責任である。」

■「今自分が下した判断の責任を取るのは自分しかいない。」

■「今日の自分が明日の自分を決定する」

■「“自分は変わることができる”と気づくのは、すばらしい発見である。
以前はどんなに消極的であったとしても、今日から心を入れ替えれば、あなたは積極的な人間になれる。
それによって、自分の能力や暮らしは大激変するのである。」

■「人生についてどう考えるかによって人生の捉え方が決まり、人生の捉え方によって、人生から何を得るかが決まる」

■「誰でも心がまえを変えることができる。
他のことを変えるのは難しくても、誰でもより積極的な心がまえで事に当たることはできるはずだ。」

■「良い心がまえを身につけるとはどういうことだろう。
それは自分の可能性に向かって積極的に生きるということである。」

■「自分自身を信じていない人は、自分のみならず、他人に対しても最悪の結末を予想してしまう。
そして自分に自信がない人は、他人からどう見られるか、失敗してしまうのではないかということばかりが気になって、
注意が自分だけに向いてしまう傾向がある。」

■「積極的でありながら人間嫌いで、他人の長所を見ようとしない人を私は知らない。」

■「他人に対して期待感を持ち、長所を見出すようにしていれば、積極的な心がまえを維持することができる。
そして、相手もあなたの期待にこたえようとするだろう。」

■「たとえ状況はどうであれ、積極的な人はどこにでもチャンスを見出すのである。」

■「積極的な人は解決策中心の考え方をし、そんな問題に遭遇しても解決策を見出し、不可能なことの中から可能なことを見出せる。」

■「他人に惜しみなく与えることほど、人々にいい影響を及ぼすことはない。」

■「夢を実現できるのは、希望を捨てず、夢に執着し続ける人だ。
そういう人は決してあきらめず、絶望に打ちひしがれることもない。」

■「成功できない人は、責任を回避しようとする。
しかし、成功する人は、積極的に前進し、自分の考えと行動に対して全面的に責任を負わない限り何もなし得ないことを知っている。」

■「人々の不満の元凶は、権利を主張せずにいられないことにある。」

■「真実を正義はいつもあなたの味方とは限らないし、自分の過去の過ちを正すこともできない。
不完全な世界で、絶えず自分の権利を主張していると、
あなたは怒りっぽく、いつもイライラしている、感じの悪い、嫌なやつになり下がってしまうだろう。
こうした負の感情が、何ごとに対しても否定的な人間を創り出すのである。」

■「後ろを向いていたのでは、前進することは難しい。」

■「今の自分と5年後の自分の違いは、その間に読む本と付き合う相手によって決まる。」

■「ストレスが発散できるなら、何をしてもかまわないが、考え方や健康にも良い影響を与えるものであることが望ましい。

■「人生は楽しくあるべきだ。」

■「自分が追い込まれそうになった時には、ユーモアのセンスを忘れないようにすれば、
楽しく、より大きな成果をものにすることができるだろう。」

■「変化は行動によって引き起こされる。」

■「人生にリハーサルはない。」

■「計画性、つまり“段取り力”があると、一瞬たりとも無駄にすることなく楽しむことができる。」

■「目標があると、やる気はいやがおうにも高まるものだ。」

■「どうでもいいことに一生懸命になるのなら、やる気があっても無駄なだけだ。大切なのは“何に”集中するかである。」

■「優先順位を決めないまま、自分の目的を達成し、能力を伸ばし、人を助けることができる人などいるはずがない。」

■「成功するには今を行き、今働かなければならない。
なぜなら、人が実際に何かを成し遂げるために力を発揮できるのは“今”しかないからだ。」

■「自分がどこへ行きたいのかがわからなければ、成功することはできない。」

■「スタートダッシュを決めるために役立つものが何かないか、見つけておくといい。
もって生まれた能力に限らず、自分を取り巻く環境や情報源、人的資源、あるいはコネなども役に立つ。」

■「何を目指しているにせよ、ただ欠点が無くなるように期待するだけでは埒があかない。
スタートする前に、何が不足しているかを正確に見極め、それを克服する覚悟を決めなければならない。」

■「あなたの理念は、当然のことながらあなたの夢と価値観と信念に根ざしたものでなければならない。
そのため、理念を書くことは、決して容易なことではない。」

■「目標とは、締め切りのある夢である。
なぜなら、何らかの締め切りがなかったら、ほとんどの目標は夢のままで終わってしまうからだ。」

■「目標を達成するコツは、まず始めることである。」

■「目標を達成しようと努力していると、目標があなたに何らかの作用を及ぼす。
目標を達成して手に入れたものよりも、目標を達成しようとしてあなたに起きた変化のほうが重要なのだ。」

■「いつも驚かされるのは、飛行機に乗り込んで、私が仕事の段取りをしている間、
隣に座ったビジネスマンがボーっと窓から外を眺めていることである。」

■「山のような仕事を片付けるために戦略が必要なのはもちろんだが、優秀な人材も欠かせない。」

■「確実に成功するには、今すぐ成長するのが最善の道だ。
今の状態が良くなくても気を落とすことはない。
誰でもスタートする時は、その時点の状態からスタートするものだ。」

■「若い時期は生涯に一度しかないが、未熟な時期はいつまでも続く可能性がある。
人間は放っておけば勝手に成長するというものではない。」

■「“今日の成長”は“明日のための投資”」

■「今ほど旅立ちにふさわしい時はない。」

■「自分の周りにいる人の質を高めるのは、なかなかむずかしい。唯一自分でできることは、自分の質を高めることである。
それに成功した時、あなたを取り囲む情況が全て好転していくに違いない。」

■「成功への旅に出るためには、生涯を通じて成長し続けなければならないということだ。
そして成長するために唯一の方法は、成長する意志を持ち、自分を進化させる努力を惜しまないことだ。」

■「常に学び続ける姿勢があれば、成功を手にしてもそこで満足してしまうことはない。」

■「成長のためには何かを犠牲にしなければならない。つまり、“捨てるもの”を厳選することが必要だ。」

■「人間的成長の基本は行動である。学び続けているにもかかわらず、人生に何の変化も起きないとしたら、
自分の成長プランに十分な時間をかけていないか、
ふさわしくない領域に時間をかけすぎているか、
あるいは学んだことを応用できていないか、
いくつかの可能性が考えられる。」

■「
・どこで使えるか。
・いつ使えるか。
・誰の役に立つか。
この三つを念頭においておくと、単に情報を仕入れることに神経を集中させるのではなく、
学んだことを自分の人生で応用することができるようになる。」

■「何があっても、決して踊り場に居すわってはいけない。
自分の潜在能力という山を、常に全力で登り続けなければならない。
一度に登れる距離は短くても、一生登り続けなければならない。」

■「満足は成長の敵である。」

■「一緒に過ごす時間が長く、自分が何を考えているかを打ち明けられる相手を見れば、
自分がどの方向に進んでいるかがわかるだろう。
価値観や何を優先事項と考えるかが、人の考え方や行動を左右する。」

■「成功への旅のための荷造りがうまくなると、自分でも驚くほどの高みに到達することができる。
重要なのは、本当に必要なものだけに集中することである。」

■「恐怖が行動を阻害する。行動しなければ、経験も積めない。経験不足が無知を助長し、無知は恐怖を呼ぶのだ。」

■「他人が抱く恐怖心は、ばかげていたり、おかしかったりするが、自分が感じる恐怖となると話は別だ。」

■「皮肉なことに、恐怖のために何もできなくなったとしても、その恐怖が本当に妥当なものかどうかを知る術は私達にはない。」

■「恐怖は、借り手もいない借金に利子をつけるようなものだ。
これまで恐怖のために遠回りばかりしてきた人は、そろそろ気持ちの持ちようを見直し、恐怖を生み出している考え方を点検すべきだろう。」

■「ほとんど妥当性のない(5%以下しかない)恐怖に対応する最善の方法は、恐怖の存在を認めながら前進し続けることだ。」

■「恐怖が結果に良い影響を与えることはない。
恐怖は、自分で何かの手を打たない限り障害となる。
だからこそ、恐怖は進歩の代償なのだと認めることが重要だ。」

■「恐怖に直面し、それをものともせず前進することができた人は、また別の恐怖に遭遇した時、前よりもうまく対応することができる。
やがて恐怖を克服することが習慣となれば、成功への旅路で恐怖を避けようとして遠回りをする必要も無くなるのだ。」

■「偉大な人間と平凡な人間の違いは、自分の失敗をどのように見るかの違いだ。
成功への旅を続けたいなら、“前向きな失敗の仕方”、つまり“失敗力”を身につける必要がある。」

■「失敗を経験したことのない人は、一人として成功を経験することはできない」

■「自分はダメだと思い込んでいる人間に成功しろというのは、リンゴの木からメロンを収穫しようとするようなものだ。」

■「失敗自体は、あなたがダメ人間だということを示しているわけではない。ただ何らかの調整が必要なのだ。」

■「何もかもうまくいかないときは笑え。」(この人のモットーらしい)

■「次に何か失敗した時は、誰の責任かではなく、なぜ失敗してしまったかと考えるようにしよう。客観的な姿勢があれば、次はもっとうまくいく。」

■「転んでも、起き上がる時に何かを学び取ることができるなら、いくら転んでもかまわないのである。」

■「いろいろなことに挑戦すれば、失敗の回数も多くなる代わりに、成功の規模も大きくなるということだ。」

■「努力と粘り強さのほかに、犠牲も必要だ。
一つひとつの目印に到達するたびに、何か大切なものをあきらめなければならない。
それは妥協の連続である。」

■「たとえ自分の努力が人から認められたとしても、それは一時的で、はかないものだ。
生涯を通じて意義のある仕事をしたいと思うなら、人から賞賛されることよりも、
自分が成し遂げることのできる重要な何か、成果を重視するべきだ。
仲間同士で楽しくやっているうちは、自分の運命をまっとうすることはできない。」

■「普通、選択肢は3つある。得るか、失うか、交換するか、である。」

■「成功できない人は、いつもうまくいかない理由を見つけ出す。
しかし成功する人は、たとえ正当な根拠があっても、言い訳をしない。
状況がどうあれ、最善を尽くし、前進する。それが粘り強いということである。」


posted by コッパ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

「その他大勢から抜け出す 成功法則」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・10】
<本の紹介> 〜その他大勢から抜け出す 成功法則(三笠書房)〜


この本は、齋藤孝さんの著書ではなく、訳書です。
著者は「ジョン・C・マクスウェル」という方です。

万人にお勧めできる、たいへん素晴らしい本だと思います。

以下は、僕がこの本で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「人生は、その日一日何を考えているかで決まる」(ラルフ・ウォルドー・エマソン)
■「「何を考えるか」で、人格が決まる。人格によって、行動が決まる。」
■「いまある人生は過去の思考の産物であり、明日の人生はいま何を考えるかで決まる」
■「「思考法」を変えれば、「感情」を変えられ、ひいては行動を変えられるということだ。」
■「成功者は、成功を思い描いた時点ですでに成功している。彼らの手は頭脳を手助けしているにすぎない」(クロード・M・ブリストル)
■「考え方や信念によって成功の度合いや人格が決まってくるなら、“才能”すらも自らの考え方次第ということになる。」
■「いま直面している問題は、その問題が発生したときと同じレベルでの発想では解決できない」(アルバート・アインシュタイン)
■「「何を考えるか」ではなく、「いかに考えるか」が大切」
■「質問は出発点に過ぎないのだということがわかれば、あなたは難なくその他大勢から抜け出せるでしょう。なぜなら、その他大勢の社員の99.9%は何も考えていないからです。」(ジャック・ウェルチ)
■「誰しも世界を変えたいと思うが、自分を変えようと思う人はいない」(トルストイ)
■「悲しいかな、思考法は自然に変化するものではない。すぐれた考えが向こうのほうからやってきてくれることはまずないのだ。手に入れたければ、自分から手を差し伸べなければならない。」
■「どれだけいいアイディアが浮かぶかは、それまでの「蓄積の質と量」によるのである。」
■「「ちょっと思いついたんだけどさ」というようなアイディアにろくなものはない。考えるなんて簡単だというのは、真剣に考えた経験がない人の言うことだ。」
■「考えるということは大変なことだ。だから考える人間はほとんどいない。」(アルバート・アインシュタイン)
■「考えるというのは困難を極めることなので、多くの人が“考えたつもり”で終わっているのである。」
■「成功思考を習得するために時間を費やすことは、自分への最高の投資である。」
■「私の推測では、人類の80%は生まれてから一度もオリジナルなアイディアを考えつくことなく一生を終える」(H・L・メンケン)
■「変わりたいという欲求は誰もが持っているが、変わるためにそれまでと違ったことをする人は多くない。」
■「他人を変えられる人間はいない」
■「人は、自分の頭に思い描けないことを実現することはできない」(カレン・フォード)
■「人間はいくつになっても、どのような環境にあっても、思考法を変えることができる。」
■「人は信念に支配されている。そして信念には可能性を広げる大きな力がある。」
■「成功への最も重要な第一歩は、成功への可能性を信じること」
■「成功の可能性を前向きに信じれば、生き方も積極的になる。」
■「気分が高揚しているときは、エネルギッシュになり、人にも親切にできる。」
■「立派な目標を立てるだけで満足してはいけない。むしろ、どのようにして目標を達成するかに注目するべきだ。」
■「もしも変化に対して違和感がないなら、それは真の変化ではない。」
■「印象的なエピソードを例に挙げたほうが、内容が頭に残りやすい」
■「進化に変化はつきものである。」
■「まず自分の行動を変えることから始めよう。気持ちを変えることから始めよう。それ以外に自分を変えるすべはない。」
■「どうすれば名案が浮かぶかを知っている人には、いつでも仕事がある。そして、なぜ名案が浮かぶかを知っている人は、その人の上司になれる。」
■「頭の中に鳥かごを下げておけば、そのうちその中に何かを入れておくようになるもの」
■「いいアイディアが生まれることを期待しつつ考える場所に行けば、やがて何らかのアイディアが浮かぶはずだ。」
■「静かに考えられる場所を決め、思いついたことを忘れないように、紙に書きとめるようにする。私の場合、考える場所を決めたら、アイディアのほうからその場所にやってきてくれるようになった。」
■「単なる思い付きを“使えるアイディア”に変えるには、形を整えてやる必要がある。」
■「真夜中には画期的に思えたアイディアも、翌朝にはまったくつまらないものに見えることが多い。」
■「書くことを学ぶとは、考えることを学ぶことである。文章として書いてみるまで、自分の考えをはっきりとつかむことはできない」(S・I・ハヤカワ)
■「考えをまとめるというのは、さまざまな感情…達成感や高揚感など…を体験し、自分を省みることができるので、私にとってはスリリングなことだ。」
■「考えをまとめるのはどこでもできる。書き物ができ、邪魔されず、集中でき、自分と対話できる、都合のいい場所を見つけることだ。」
■「ときには答えよりも、質問のほうが大切なこともある」(デイヴ・サザーランド(インジョイ・スチュワードシップ・サービス社社長))
■「大きな成果を上げるには“一人の頭”では少なすぎる」
■「私は考えることに人生を費やしてきたが、たとえば、テーマがリーダーシップなに関することであれば誰、ビジネスに関することは誰というふうに、話を持っていく先が決まっている。」
■「自分の可能性を最大限に引き伸ばしてくれる人たちを見つけておけばよい。」
(追補)「他の人から頼まれれば、同じように知恵を貸してやるようにする。」
■「自分の環境はそのようなもの(考えが尊重され、自由な発想ができ、新しい視点が用意され、変化・検討が加えられるチームワークある環境)でないと感じたなら、環境を変えたほうがよいだろう。」
■「発案者には自分のアイディアに信念を持ってほしい。私は、提案をする前に三つの確認をする。「私は信念を持っているか。私はそれを実践するか。みんなも実践すべきだという信念があるか」この三つの問いにイエスと答えられなければ、私自身そのアイディアに納得しているとは言えない。」
■「どれほど念入りにまとめ上げられたアイディアであっても、どこかに穴がある可能性はある。」
■「人には変化を受け入れやすいタイミングがあるということだ。」
■「望みどおりの結果を出すためには、考える時間を持つべきである。」
■「どんな方法であれ、考えるための場所に行き、紙とペンを取り出してアイディアを書きとめておくことを心がけよう。」
■「常に知らない場所を訪れ、新刊本を読み、新しい知り合いを増やし、新しいスキルを学ぼうとする。そうすることで…(中略)…無関係に思われたことどうしのつながりを見出していく。生涯を通じて学ぶ姿勢を崩さない。」
■「私は毎朝、今日はどのような学ぶチャンスがあるだろうかと考えることを習慣にしている。」
■「学びを続けるためには、その日の予定を確認し、学びのチャンスに目を光らせることだ。」
■「何かを学び、成長するときは、どういう質問をし、その答えを自分の人生にどう応用するかがわかっていなければならない。」
■「誰かと会うときは、その人から何を学べるかをリストしておくとよい。」
■「自分にはできないことができる人とパートナーになれるのはすばらしいことだ。全体像をつかんで考えられる人は、自分がいかに無知かを心得ており、鋭い質問をして理解を深め、考えを広げていく。」
■「大局的にものを考えるには、まずよい聞き手にならなければならない。」
■「視野の中にあっても目に見えないものはたくさんある。なぜなら、知覚の中に入ってこないからだ」(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)
(追補)「人間には習慣的に自分の世界にあるものだけを見るものだ。」
■「自分がどういう立場にあり、どういう考え方をするかによって、見えるものは違ってくる。」
■「大きなヴィジョンを描ける人は、自分の世界とは別の世界が存在していることを理解し、自分の世界に閉じこもることなく、他の人の世界をその人の目を通して見るように努力する。」
(追補)「自分が立てた計画にばかりこだわらず、他の人の視点を柔軟に取り入れることも忘れてはならない。」
■「人生の価値は時間の長さではなく、その使い方で決まる。長生きをしてもむなしい人もいる」(モンテーニュ)
■「大局的な視点を持てるリーダーは問題点だけでなく、その先にある可能性も認識することができる。」
■「「ここぞ」というときにチャンスを逃さないこと。「いつ行動するか」は、「何をするか」と同じくらい大切だ。」
■「問題をあらゆる角度から検討するには、自分の意見はさておいて、相手が何に関心を持ち、どういう利害関係があるのかを考えることだ。そうすれば、その人もものの見方がわかってくる。それは強力な武器になる。」
■「まずはその日の予定表を見ることで、一日の流れをつかむ。その中から“メインイベント”を一つ選び出す。それはどうしても成功させなければならない最重要課題であり、一日の成否を決めるものだ。」
■「この世を築いたのは誰よりも先に「橋を渡った」人々だ。」
■「大局的に考える人は、曖昧さをものともしない。手に入れたデータや情報を、あらかじめ用意した型にはめようとすることはない。一見、矛盾するようないろいろなアイディアを頭の中で転がしながら、考え方に幅を持たせることができる。」
■「大局的に考える力を伸ばしたいなら、複雑雑多なアイディアを尊重することに慣れておかなければならない。多種多様な概念をまとめ、相反する意見を一度に受け入れることを習慣にすることだ。」
■「失敗から学ぶためには、学ぶための姿勢が必要だ。」
■「学ぶ姿勢とは、「私にどれほど知識があっても(または、あると思っていても)、この状況から学ぶべきことがある」という心構えのことである。」
■「大局的に考える習慣をマスターするには、世界を広げ、いろいろなことを試し、勝ち負けを度外視して学ぶことだ。」
■「考え方に広がりを持たせ、より大きなヴィジョンを手にしたいと思えば、手を差し伸べてくれる人を探すことだ。だが、アドバイスを求めるときは相手を賢く選ばなければならない。」
■「知り合いで、あなたのことを気にかけてくれていて、専門分野に詳しく、あなたよりも経験豊富な人の話を聞こう。」
■「世界は自分の経験の中には収まりきらないということを忘れてはならない。」
■「小さな考えから小さな人間が作られる」(ヴィクトル・ユゴー)
■「企業にとって的を絞った商品開発が大切なように、個人がアイディアを展開しようとするときにも集中力を発揮する必要がある。」
■「物理的なことであれ、精神的なことであれ、集中することによってエネルギーとパワーが高まる。」
■「一つのアイディアに長時間神経を集中させるのは、非常にストレスがたまるものだ。…(中略)…しかし、忍耐強く集中して考えたことが大きな成果を生むこともある。」
■「集中的に考えているときは、アイディアだけでなく自分も成長していくのである。」
■「集中さえできれば、自分を向上させることができる。」
■「まず、優先順位を考えておかなければならない。」
(例:自分のスキルや才能を最大限に生かせること、つまり強みに焦点を絞る」「見返りがもっとも大きなものに焦点を絞る」「上位20%にはいること(最重要項)に80%の力を注ぐようにしてもいい(80対20の法則を使って)」
(追補)「優先順位を決めるにはいろいろな方法があるが、他人にはあなたの優先順位を決めることはできないと知っておこう。」
■「つまるところ、成果を上げられる領域に集中せよということになる。」
■「誰もが自分の能力を自覚し、持てる才能やスキルをうまく使いこないしているとは限らない。」
■「私は家中ルーシー(漫画のスヌーピーのキャラ「ルーシー」のこと。ここでは、ネガティブなものの見方ばかりする人というたとえで使われている)だらけのような家庭で育った人を数多く見てきた。彼らは励まされたり、誉められたりしたことがほとんどないため、自分の方向を定めることができない。そういう環境で育った人は、自分の才能を見出すために人一倍努力しなければならない。」
■「得意分野に的を絞って考えるにしても、それが何かがわかっていなければどうしようもないのである。」
■「いつも同じことが頭に浮かぶようなら、あなたの夢(将来の夢)と関係があるのかもしれない。」
■「もしも一つのことに集中していたのに、気が変わったとなれば、エネルギーを浪費したことになる。」
■「まず「優先順位の原則」を守ることだ。たとえば簡単なこと、あるいはむずかしいことや緊急のことから始めてはいけない。最初に始めるべきことは、「もっとも収穫の大きいところ」である。そうすることで障害を最小限にとどめることができる。」
■「障害物に近づかないこと。私の場合、邪魔されずに考えるには、まとまった時間が必要だ。私は邪魔されずに仕事をするために、必要なときに私だけの「考える場所」に身を潜める術を身につけた。」
■「同時に複数のことを成し遂げようとする場合、一つのことからまた別のことと絶えず動き回るよりも、腰を落ち着けて一つのことに集中するほうが大きな成果を上げることができる」(ある調査)
■「集中して考える時間を確保するには、独自のルールを設けるのも方法だ。」
■「大切なことに集中するために、私は重要項目を目の前に置くようにしている。」
(追補)プレゼンテーションや著作の準備をしているときは、いつも目につくところにファイルや概要を書いたメモを置いておく。私はこの方法で30年間、アイディアを磨いてきた。」
■「目標は重要である。はっきりとした目標が定まらない限り、心を集中させることはできないからだ。」
(追補)「目標を設定するのは最終的な行き先を決めるためではなく、力を集中させ、方向性を決めるためである。」
(追補2)「目標は次のようなものであることが望ましい。「集中しやすいように明確であること」「達成しやすいものであること」「人生を変えるに足るものであること」」
(追補3)「目標は必ず紙に書いておくことだ。」
(追補4)「後になってみればたわいのない目標に見えても、方向性を決めてくれただけでも目標は役目を果たしたと言える。」
■「まず、強力で緊密なネットワークをつくることである。そこから専門的なアドバイスを得ることもあるし、人生を楽しくすることもできる。」
(追補)「親しい友人に他の友人の近況を知らせてもらう。…(中略)…これだけでも、人付き合いの時間がとても濃密になり、かつ効率がよくなる。」
■「仕事が多すぎるために、やりたいことを諦めなければならない。たとえば、自分でやれば楽しいだろうと思えるプロジェクトをスタッフに任せなければならない。」
■「人生の99%は私にとって知る必要のないものだ」
■「自分でアイディアを生み出すより、アイディアを収集するほうが簡単だ。なにしろ偉大なる発明家トーマス・エジソンも、「オリジナリティーとはアイデアの出所を隠す技だ」と言っているではないか。」
■「常に創造的なアイディアはないかと目を光らせていると、自分自身も創造的な考え方ができるようになるのである。」
■「5歳から7歳までの間に、創造性の高い子供の80%は、創造性という神から授かった能力を否定してしまうのだ。」
■「人々はオリジナリティーという幻想を抱いていると私は思う。創造性とは、他人の考えを組み合わせたものである場合が多い。」
■「人は興味のある分野についてはアイディアをたくさん持っているものだ。」
■「私はこれまで、想像的にものを考える人で、いくつもの選択肢があるのを嫌がる人にあったことがない。」
■「問題点を指摘することは誰にでもできるが、解決策を提案できるのはよくものを考える人間だけだ。そして、最善の答えを見つけるのはそういう人なのである。」
■「創造的な人は不確実性を一掃しようとはせず、人生のあらゆる矛盾や機微を理解している。そしてそうした部分を探索し、想像力でそれを埋めることに喜びを感じる。」
■「想像性豊かな人と変人とは相関関係にある。だから、われわれは変人とも喜んでつき合わなければならない」(キングマン・ブリュースター)
■「創造性は他人のアイディアを利用するものなので、一見、無関係に見えるアイディアとアイディアを結びつける能力が非常に重要になる。」
■「創造性がとくに発揮されるのは、何かと何かを関連づけたり、いろいろな方向から眺めたりして、新しい表現方法を見つけようとするとき」(ティム・ハンセン)
■「目標がわかっていれば点と点をつなぐのは簡単だ。それと同様に、計画が頭の中にあればアイディアとアイディアを結びつけるのは簡単である。」
(追補)「プランがあれば、無関係なアイディアどうしに関連性を持たせることができるということだ。」
■「人生の勝ち組に入れるかどうかは、失敗を克服できるかどうかにかかっている。」
■「創造性には失敗を恐れないという能力が必要だ。」
■「創造性は、人から馬鹿だと思われることもいとわない姿勢を必要とする。」
■「要するに、創造性とは失敗する場合もあるとわかっていながら、あえて試してみようとすることなのだ。」
(追補)「創造性の高い人は失敗の可能性を知りつつも、新しいアイディアを探し続け、やりもしないうちから“うまくいくかもしれないアイディア”を棒に振るようなことはしない。
■「創造性とは、皆と同じものを見ていながら、誰も思いもしなかったことを考えつく才能である。」
■「創造性とは、すべてを知り尽くしていない喜びである。また、どんな問題についても、もっと良い解決策を考え出すことができるということだ。創造的であるとは、人生でどんな問題に出会っても、そこからチャンスを見出せるということである。つまり、創造性とは、さまざまな選択肢を持ち、ベストなものを求めた結果である」(アーニー・ゼリンスキー)
■「創造性とは、学ぶための準備ができていることなのである。アイディアの数が多いほど、新しいことを学ぶチャンスも多くなるのだ。」
■「現状維持と創造性は相容れない」
■「すごいアイディアを思いついたら、多少馬鹿馬鹿しく思えても、誰にも邪魔させてはいけない。何人といえども、創造性を抹殺するような暴挙を許してはならない。」
■「同じことを繰り返してばかりいるのではなく、変化を起こせ。」
■「創造性がなくても誤った答えを見つけることはできるが、誤った質問を見つけるには創造性が必要である」(サー・アンソニー・ジェイ)
■「創造性の研究によれば、社員が創造性を発揮するか、しないかを決める最大かつ唯一の変数は、創造性を発揮する自由な空気が与えられているかどうかである」(デイヴィッド・ヒルズ)
■「物わかりの悪い人間は排除して、奇人変人を育てよう」(トム・ピーターズ)
■「想像性豊かな人は、「よいアイデアが出されたら、それをもっとよくしてみせよう」という人である。」
■「創造的な人間は、何をやるときにも常に別のやり方を探し求めている。なぜなら、選択肢が多いほどチャンスをもたらすからである。」
(追補)「選択肢について考えることが最良の結果をもたらすことが多い。」
■「たいていの人は、無意識に線からはみ出さないようにする。たとえその線が適当に書かれていたり、恐ろしく時代遅れであったりしてもだ。」
■「忘れてはならないのは、自分が直面する限界は、自分が設定しているにすぎないということだ。」
(追補)「創造性を高めたいならば、限界に挑むことだ。」
■「創造性は伝染する。」
■「人は一緒にいると、その人と同じような考え方をするようになるものだ。」
■「自分の壁を突破するための一番簡単な方法は、新しいパラダイムに触れることだ。」
■「私は生まれつき知りたがりだが、それでも読む本は自分が興味のあるテーマに偏る傾向がある。ときには視野を広げるために、新しいテーマの本を読むように努力している。ただし、退屈なものや理解力を超えたものを選んではいけない。」
■「いまではリーダーたるべき人には、現実的に考えることの大切さを説いている。現実的に考える習慣によって得られる確信と安心感はビジネスの基盤になるからだ。」
■「最悪のシナリオは何かということを常に考えておかなければいけないんだ。組織の財政を支えていくにはそれしかない」(著者の弟、ラリー)
■「生まれつき楽天的な人間は、あまり現実的にものを考えようとしないものだ。しかし現実的な考え方をすることで他人に対する信頼感がゆらいだり、チャンスをすかさずつかみとる能力が損なわれることはない。むしろ、人間としての評価は高まるだろう。」
■「最悪の結果を予測して計画を立てれば、損失を最小限に抑えることができる。」
(追補)「予想と現実に落差があったときに失望を感じるののだから、現実的思考によって、あらかじめそのギャップを埋めておけば失望する回数も激減する。」
■「ビジネスにおいて、本当に重要な決定は多くない。現実的に考える習慣が身につけば、重要な決定とそうでないものを見分けられるようになる。」
■「失敗を恐れていないときには創造性が役に立つが、実際に失敗してしまったときには現実を知ることが役に立つ。」
(追補)「不安なときに何か確かなものがあると安心できるものだ。」
■「私が彼らをひどい目に遭わせているわけではない。私は事実を言っているのに、彼らがそれをひどいと思っているだけだ。」(ハリー・トルーマン大統領)
(追補)「これが真実に対する普通の人の反応だ。」
■「われわれの社会にとって真実は、薄めずに口にできない薬のようなものだ。真実の本当の姿は、礼儀正しく型をトントンと叩かれるようなものではなく、非難の嵐である」(テッド・コッペル(テレビジャーナリスト))
(追補)「真実はわれわれを自由にしてくれるが、それよりも真実によって怒りに駆られてしまうことのほうが多い。」
■「現実的な思考法をマスターするには、真実と向き合っても冷静でいられるようにならなければならない。」
■「事実なしでは(あるいは不十分な情報だけでは)、きちんと頭を働かせることはできない。」
■「解決策はあなた独自のものである必要はないということを忘れてはならない。」
■「ここのメリットとデメリットはそれぞれに重要度が違っているため、単にメリットの数が多いからいいということにはならない。」
■「要は最悪の事態に備えることである。」
■「もし最悪なケースを想定し、公正な目で判断ができれば、現実をしっかりと確認できたことになり、どんな問題にも立ち向かうことができる。」
■「メリットとデメリットを検討し、最悪のシナリオを想定すれば、自分の希望と現実のギャップに気がつくだろう。」
■「戦略的に考えれば複雑な問題も分解して単純化できるし、長期的な課題の計画も立つ。」
■「戦略的思考に長けた人は、たいてい頭脳明晰で、考え方が緻密である。なぜなら、万能の戦略など存在せず、戦略遂行のために問題をあらゆる角度から分析するからだ。」
(追補)「“曖昧なアイディア”は決して“戦略”になり得ないのである。」
■「戦略は未来の決定ではなく、現在の決定によってもたらされる将来のできごとについて考えることだ。決定は現在にしか存在しない。意思決定者は「不確実な明日に備えるために、今日われわれは何をなすべきか」を戦略的に考える必要があるのである。」
■「とにかく分解することが重要である。全部まとめて頭の中でいじくりまわしながら、戦略的に確固とした実行可能な計画を立てることができる人間はまずいない。」
■「(実行方法を考える)前に「なぜ、そうするのか」を考えるべきである。初めから問題解決モードに突入したのでは、問題全体を理解することができないではないか。」
■「理由を明確にすれば、決定の根拠を考えることにもつながるし、さまざまな可能性も見えてくる。チャンスの大きさによって投資額が決まることが多い。あまりに性急に方法を決定すると、その点を見逃すこともある。」
■「「問題を明確にすること」は常に「一番むずかしい問題」」
■「準備をする意志がなければ、勝とうという意志は無意味なのである。戦略的思考が効果を発揮するのは、継続的な努力が大前提なのである。」
■「ジョージ・ルーカスは、夢を実現する秘策とは「不可能なことと前例のないこととの違いを理解することだ」と言う。」
(追補)「ルーカスにとってはどんなことも可能であり、たいていのことは前例がないだけなのだ。」
■「壮大なアイディアを持つ人間は有能な人材を引きつける。」
■「可能性を信じれば、夢はいやが上にも大きくなる。そして可能性を信じることができれば、その夢を実現するためのスタートラインにつくことができる。」
■「人間の持つエネルギー・レベルと、前向きに考え可能性を信じることの間には、密接な関係がある。」
■「成功を信じてこそ、情熱を燃やすことができる。」
■「人生の勝者は、常に「私はできる、私はやるだろう、そして私はやる」という観点からものを考える。一方、敗者は暇さえあれば、すればよかったのにしなかったことや、やりもしないことについて考えている。」
(追補)「できそうな気がするなら、勝負は半分勝ったようなものだ。できないと思うなら、もうすでに戦いには負けているのだから、どんなに努力をしても無駄である。」
■「常に消極的でありながら大きな成功を収めた人を何人知っているか。可能性を信じることができないにもかかわらず、大きなことを成し遂げた人を何人知っているか。そんな人はいないのである!」
■「僕はすごく皮肉屋なんです。だからその防衛策として、自分で楽観的になるんだと思います」(ジョージ・ルーカス)
(追補)「彼は前向きに考えることを自ら選択しているのである。」
■「頭の中で自分に語りかけてくる消極的な言葉を消し去る訓練を積まなければならない。」
(追補)「無意識のうちにうまくいかない理由が頭に浮かんでくるようになったら、そこでストップして、「何が正しいのか」、自問自答することだ。そうすれば一歩を踏み出すことができる。」
■「いわゆるエキスパートは、他人のアイディアに水を差すだけではすまない。」(エキスパートは人の夢の足を引っ張る)
(追補)「エキスパートに何を言われても、それは可能だと前向きに考えることだ。」
■「人間は常に人生を向上させたいと願いながら、同時に平和と安定を求めるものだ。」
■「より大きな可能性を求めるなら、いま手の中にあるものに満足していてはいけない。」
■「できないと思ったことはできない。しかし、できると信じればできる。それが前向きに考える習慣のパワーなのだ。」
■「子供というものは、言われなければ自分のした経験がどれだけどれほど価値のあるものかわからない。どんなことでも当たり前だと持ってしまう。」
■「反省することで、経験を生かした視点が獲得できる。」
■「感動的な経験をすると、それをきちんと評価せず、その感動だけをもう一度再現しようとする人も多い。それと同じように、衝撃的な経験をした人は、何がなんでも同じような状況を回避しようとし、結果として精神的に行き詰まってしまう場合もある。」
■「ある問題について一度熟考しておけば、次に同じような問題にぶつかっても、また初めから右往左往を繰り返す必要はない。」
■「反省することに頭を使うのは、ものごとの全体像をつかむのに欠かせないスキルなのだ。」
■「経験だけが貴重なのではない。むしろ「経験から得た見識」が貴重なのである。そして反省に時間を費やすことで、経験を見識に変えることができる。」
■「われわれは経験に秘められた知恵をすべて学び取るように注意しなければならない。さもなければ、ストーブの熱い蓋の上に座る猫のようだ。猫は二度と熱いストーブの蓋に座らなくなるだろう。それはそれでいい。しかし、猫は冷たい蓋の上にも二度と座ろうとしないだろう」(マーク・トゥエイン)
■「他の思考法と同じように、反省するときには一人になることが必要である。」
■「アイディアを実行することほど人間の成長を助けるものはない。」
■「新しいアイディアを展開することは、古いアイディアから脱却することほど難しくない。」(ケインズ)
(追補)「通説や常識になっている考え方に対抗することは、ビジネスマンが会社の伝統に抵抗しようとするときであれ、若い母親が先祖代々受け継がれてきた育児法を拒否しようとするときであれ、ティーンエイジャーがいま一番人気のあるスタイルを無視しようとするときであれ、むずかしいものだ。」
■「常識の何が問題かというと、自分では何も考えなくてもいいということだ」(著者の友人ケビン・マイヤー)
(追補)「苦労して考え、リスクをとってまで成功したいと思う人は多くない。人と同じことを考え、まるで自分で考えたかのようにふるまっているほうが簡単だ。」
■「大多数の人が受け入れていることは、本当に正しいのだろうか。ところが、必ずしもそうとは限らないのである。」
■「通説を支持することと知性を働かせることとは、まったく別のことである。」
■「どんなことにも従来の方法を上回る方法があるはずだと考えなければならない。」
■「(常識とは)最高の中の最低であり、最低の中の最高である。」
■「大きな成果を出したいと思えば、常識とは断固決別しなければならない。」
■「成功を望むなら「何が一般に受け入れられやすいか」ではなく、「何が最高か」を考えるべきである。」
■「思考は過小評価されたり、認知されなかったり、誤解を招くことが多い」
■「ありきたりな思考法から脱却したいときは、生い立ち、教育レベル、職業経験、個人的な関心などが自分とはまったく違う人とつき合うといい。」
■「人間というものは、一緒にいる時間の長い人と同じような考え方をするようになるものだ。独創的な考え方をする人とのつき合いが多ければ、新境地を開ける可能性は高い。」
■「「明日の成功」を妨げる最大の敵は「今日の成功」なのである。」
■「進歩の前には変化が起こるものであり、常識に疑問を投げかけることによって、さまざまな摩擦が生じるのは仕方のないことだ。」
(追補)「「伝統」は、どれも初めはすばらしいものだったのだ。…(中略)…しかし伝統は、未来永劫、成句につながるものではない。」
■「マンネリから抜け出す最良の方法は、革新を起こすことである。」
(追補)「小さな革新は毎日のように起こすことができる。いつもと違う道を通って通勤したり、行きつけのレストランでいつも注文しない料理にチャレンジするのである。」
(追補2)「つまり自分の“自動運転装置”のスイッチを切るのである。」
■「新しいことを新しいやり方で試してみようとする人が少なすぎる。」
(追補)「解決法を見つけるよりも、古い問題にかかずらわっているほうが楽しいらしい。」
(追補2)「結局、常識や通説は居心地がいいのである。」
■「ほんの少し成功しただけで、人のイメージや自信の持ち方は変わるものだ。」
■「駆け出しのうちはみんなが思うほど大きな過ちをおかすことはない。経験を積んでいくと、みんなが思うほどあなたが正しいとは限らない。」
■「人の頭を借り、その人のアイディアを生かせば、一人では決して達成することのできない複合的な成果を上げられる。」
■「どんなに素晴らしい革新的なアイディアも、何もないところから生まれてくることはない。」
■「方向性が一致していれば、三人寄れば文殊の知恵ということになる。」
■「自分には必要な経験が不足していると思ったら、それを補えるだけの経験を持った人とつき合うことだ。」
■「自らを自らの師と仰ぐ者は、愚か者に師事している」(劇作家ベン・ジョンソン)
■「人は、自分が高く評価している人か、尊敬する人のアイディアしか、その価値を認めることはできない。評価している人と評価していない人に対する自分自身の接し方について考えたことがあるだろうか。」
■「アイディアの出所よりもアイディアそのものを評価してやることだ。」
(追補)「最良のアイディアが必ず評価されるとなれば、誰もがより熱心にアイディアを提供するようになるだろう。」
■「私は必ずテーマ(その人に会う目的)を明確にしてから人に会うようにしている。そうすると、相手から情報や教訓などを効果的に得られるようになる。」
■「幸福を得ようとするものは幸せを得られないが、人に幸せを与えるものはそれを得る」
■「自らが大きくなろうとするのではなく、より偉大なものの一部にならなければならない」
■「何事も自分が中心ではないことを理解しなければならない。それは謙虚になることであり、関心の中心をずらすことでもある。」
■「あなたを愛する人は、あなたから物をもらうよりも、あなた自身をほしいと思っている。」
■「一番むずかしいのは、「自分が一番大事」という人間の持って生まれた性質に逆らうことだ。」
■「実利的に考えるための第一歩は、「自分が本当に求めているものは何か」を明確にすることである。」
(追補)「大切なのは、できるだけそれを具体的にすることである。「成功」というような曖昧な目標では、実利的に考えるのは恐ろしくむずかしいことになってしまう。」
■「誤解してほしくないのは、エネルギーレベルが高いから、大きな視点でものが見られるのではなく、「大きな視点」でものを見るから、エネルギー値が高くなっていくのである。」
(追補)「それは、声が大きいから遠くまで声が届くのではなく、遠くまで届かせようとするから、自然に声が大きくなるのと同じだ。」
■「人間の能力は「習慣」次第で、いかようにも向上できる可能性を持っているのである。」
■「誰もが「何か大きなこと」に関わりたいという願望を持っている。」
■「未熟な精神ほど新しいことへ次から次へと飛びつく」
■「通常の人は自分の経験値をある観点に照らして洗い直すということができない。記憶を全部洗い出す作業は精神的に辛いし、疲れるからだ。しかし、一度、流し込む母体の経験値を把握してしまえば、あとはどんどん楽になる。つまり、アイディアを出す訓練をしている人ほど、次々といいアイディアが出るようになるのだ。」
■「自分の弱点を知っている人のほうが慎重になる。」
■「エネルギー値を上げるという観点からすると、どれだけ大きいものを背負えるかが重要なポイントで、そうしたことから逃げる人は自分だけの狭い回路に入り込んでしまうことが多いのである。」
■「ビジネスマンというのは、自分でプロジェクトを立てられる人間のこと。サラリーマンはただ言われたことをこなしているだけの人のこと。」(“サラリーマン”ではなく“ビジネスマン”であれ)
posted by コッパ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

「コメント力」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・9】
<本の紹介> 〜コメント力(筑摩書房)〜


以下は、僕がこの本で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「コメントを求められているときは、自分の見識やオリジナリティの深さを問われているということを肝に銘じる必要がある。」
(追補)「いい加減に「いやあ、よかったですよ」となんとなく感想をたれ流すような癖はやめたほうがいい。」
(追補2)「ひと呼吸おいても、あるいは順番をあとに回してもらってもいいから、きちんとした意味があることを言えるようにしたいものだ。」
■「今自分が持っている能力を使って、いかに気が利いたことが言えるようになるかが大切だろう。」
■「コメントとは認識や経験を確認するための補助である。つまりある事柄に対して、それをまとめるための結晶化作用としての言葉である。」
■「ひと言で「なるほど」と思わせるような、見方が鋭い、本質をついた言葉を発する必要がある。」
(追補)「つまりコメントとは短いことが重要だ。」
■「コメントはその内容ももちろんだが、タイミングも非常に重要だ。」
(追補)レスポンスがコメントにとっては生命線だ。」
(追補2)「時間がたってから、「あの時言い忘れたのですが、これはこうです」と言ったところで、たとえその内容がどんなに素晴らしくても、コメントの持つ意味は薄れてしまう。」
■「価値がある解説やコメントは、物事や事象に対して新鮮な見方を示してくれるのだ。」
■「会ったときに、女性の外見が変化していれば、男性は必ずコメントを言わなければならない責任がある。」
(追補)「とにかく何でもいいから何かを見つけて褒めるのだ。そうすることで、それがなければ見落としてしまうようなことにまで気づくようになる。」
■「「コメント力」という言葉を意識することによって、現実を見る目が繊細になってくるが、その繊細さは、とくに違いについて敏感になる必要がある。」
■「コメントは比較して違いを言うことが一番簡単である。」
■「ここがこういう意味で、ここが(この音楽の)聴きどころだと書いてあれば、「ああ、そうなのか」と理解できる。…(中略)…それは言葉の力によって私の認識力が高まったという何よりの証拠だ。」
■「ソムリエはまさに「コメント力」で成り立っているひじょうに高度な職業と言える。」
■「優れた「コメント力」がある人というのは、一つ一つのコメントが面白いということもあるが、それ以上に、他人との関係の中でその人らしいコメントができる人である。」
■「社会的に大成功をおさめた人に素直にコメントが言えないときは、自分の中に嫉妬心が混じっていることが多い。」
(追補)「つい「あれが足りない」「ここはまだまだである」といろいろなあら探しや弱点をつついてしまいがちだが、それは質の低いコメントである。」
(追補2)「あら探しをしていけばいくらでも言える。…(中略)…だが、そこからポジティブなものは生まれない。」
(追補3)「なぜ皆がこの“あら探しコメント”にはまってしまうかというと、弱点を指摘している人のほうが、されている人より知識レベルや能力が一段高いと錯覚しているからである。」
(追補4)「また、そういう、“あら探しコメント”を喜ぶ読者、視聴者もいるのである。なぜなら彼らもまた嫉妬心を共有しているので、“あら探しコメント”はその嫉妬心に火をつけてしまうからだ。」
■「コメントの基本はまず的外れではないということだ。これは要約力とも関わっている。」
(追補)「コメントする対象の一番重要な中心は何なのか。その中心が理解できていない人がコメントをしてはいけないだろう。」
(追補2)「その中心の見つけ方は、それほど難しくはない。それをやっている人がどこにエネルギーをを一番注いだかに注目すればいい。」
■「エネルギーを注いでいないところをいくら批判してもしょうがない。批判するなら一番エネルギーを注いだところを見抜いて、対象にすべきである。」
(追補)「コメントにもその作法がある。」
■「注意深く聞いていると、裏に自己顕示欲が見え隠れしていたり、嫉妬心が隠れている例、あるいは感情だけで反発している例など少なくない。そういうスタンスが見えてくればコメントの良し悪しがずいぶんわかりやすくなる。」
(追補)「たとえばそのものに対してのコメントはほんのわずかで、あとはコメント者がどれだけ知識があるかをとうとうとひけらかすコメントがけっこう多い。」
■「コメントの基本である、「対象についての話からは離れない」というルールをつねに頭に入れておくべきである。」
「何かを批判するとき、それは自分の嫉妬心から出ているものではないか、自分自身に問うてみるのだ。」
(追補)「あるいは自分がもし消極的なコメントしかしなかった場合、それは自分の保身から出ているのではないか、というチェックをしてみるのだ。」
「批判は相手に対する全人格的な攻撃にはならないというルールをつくっておくことが大切だ。」
■「優れた「コメント力」とは、それがあることによって、新しい目でそのものを見ることができるようになる力のことである。」
■「優れたコメントを言うポイントは、情報としての「お得感」を持たせることである。」
(追補)「「お得感」を持たせるには、具体的な引用をするのがコツである。」
■「具体的なセリフや情報が一つでも入っていたほうが心に届くのだ。」
■「「はずしているが面白い」ことを言い続けるのは関西の伝統だ。」
(追補)「的をはずしていることを皆がわかった上で、それを楽しむのだ。かなり水準の高いコメントと言えよう。」
■「思いついたことをすぐ口に出さずに、1回、心の中でろ過する作業が必要になるだろう。」
(追補)「人は皆同じようなことを思いつく。…(中略)…自分が思いついた上位3つのコメントは75%の人も思いついていると考えればいいのだ。だからその3つのレスポンスははずす。すると残りは25%以下の確立になる。はずしているかもしれないが、独創的なコメントになる可能性が高い。」
■「何かを言わなければいけないときに、とっさに意味のあることを言える人は少ないだろう。それは自分自身に問いかける習慣があまりないからだ。「コメント力」が大きな評価基準になっているという自覚がないからである。」
■「それがいわばひとつの標語のように相手に突き刺さっていけば、優れたコメントと言える。」
■「味に関するコメントは「コメント力」を鍛えるのに非常に役に立つ。」
(追補)「とくに難しいのは相手が食べていないときに、味を表現する場合だ。」
■「決めゼリフをひとつ持っていることは、強いと言える。」
(追補)「何か自分でトレードマークとなる決めゼリフを作ってしまうのだ。」
(追補2)「決めゼリフがあれば、とりあえずのレスポンスはそれでできるから、何も言わないよりはましである。」
(追補3)「何も言えずに黙っていると、だんだんその人がバカに見えてくるので、注意したほうがいい。」
■「いいコメントをすぐに出すためには、相手の話を聞いていたり、何か見ている最中から自分のコメントを考えておかないと間に合わないのだ。」
(追補)「これは質問するときと同じだ。相手が話しているときに、質問をあれこれ用意しておかないと、自分の順番がまわってきたときに質問ができない。」
■「「別に」「ふつう」ではあとが続かない。そういう人は何を見てもつまらないし、面白さを発見できない人ということになる。」
■「スタンスが違うとコメントは変わってくる。自分はどの立場で言っているのか、誰に対して言っているのか、その立場性を頭に入れながらコメントすれば、より的確なコメントができるようになるに違いない。」
■「普通なら切れてしまいそうな緊張した状況のときに、ジョークを言って切り抜ける能力は社会の中では非常に高く評価される。なぜなら、これは緊張状態の中でもメンタルにコントロールできる能力があることを表明していることになるからだ。」
■「とっさのときにジョークが言えるのは、それだけで尊敬に値する。」
(追補)「しかもジョークは笑いに包んで相手の攻撃性も抑えることができる。「ふざけるな!」と言ってキレてしまったり、黙ってしまうより、はるかにインテリジェンスを感じる。」
■「何か追い込まれてキレそうになったとき、とりあえず「勘弁してくださいよ」「すいません。いっぱいいっぱいです」と白旗をあげて、緊張状態をいったん流す方法がある。」
(追補)「逆ギレして事態を悪化させるよりははるかに危機管理の術としてたけている。」
■「なまじ…より、かえって…のほうがいい」という文型は、なぐさめのときのコメントとして応用範囲が広い。」
(例:「なまじダイエットをして顔色が悪くなるより、かえって今のほうが健康的でいいのではないでしょうか」と言って、現状を肯定してしまう使い方だ。)
■「開き直ったコメントではなぐさめにならない。」
■「コメントに迷ったら、映画の名ゼリフを参考にするといいだろう。」
■「「コメント力」を意識して物事を見ることで、知らず知らずのうちに「コメント力」をつけていくことができるのだ。」
■「困ったときに切り返すやり方としては、ことわざが使える。」
■「コメントがすぐ出てこないときは薀蓄で切り抜ける方法もある。」
(追補)「薀蓄と言う周辺情報はとりあえず人の気持ちを落ち着かせる力を持っている。意味のない無難な言葉を羅列するよりは、ずっとましだ。」
「コメントを言うときはまず「平凡なことは言うまい」という意志が必要だ。」
■「コメントのスタイルとして、この人の言葉はいつも正直でクリアである、というメッセージを含ませると、そうとうキツイことを言っても愛されるのである。」
■「「…も、…も」という文型は、もしかしたらオールマイティで使えるかも知れない。」
(例:「ほめるも愛、叱るも愛」など)
■「「あれは虎のようだ」「海ガメのようだ」「チワワのようだ」というたとえ方は、言葉が見つからないときに使えるコメントの基本だろう。つまりは比喩である。」
■「コメントには客観的に誰が見てもそうだというところを捉えて言う客観コメントと、そのものの客観的な評価とはまったく関係なく、自分なりの主観で言う主観コメントがある。客観コメントのほうは要約していくスタイルで、それが核心を突いていると評価される。主観コメントは…(中略)…「そういう見方もあるんだ」と新しい視点や驚きを喚起するものである。」
■「作品をコメントするとき、それはどういう人にお勧めなのか、誰にお勧めなのかを限定するくせをつけると、コメントに切れ味が出てくる。」
(追補)「こういう人にはこういう効果があるといった具体的な絞り込んだ効能書があると、つい引き寄せられてしまうだろう。」
■「自分がどういう状況でどういう出会い方をしたのかを手短に話すコメントは、かなりの確率で成功する。」
■「知識が豊富でも、感覚的な要素が少ないコメントだと、つまらない印象を受ける。」
■「……それでいながら…だ」「…で、しかも…だ」という文型は、コメントするときの一つの基本形だ。」
(例:「破天荒ででたらめで、それでいながら憎めない愛嬌がある」など。)
(追補)「けなしていても、何となくほめた印象になる。」
(追補2)「微妙なニュアンスを伝えたり、否定をやわらげたいときなどコメントしづらい場合に覚えておくとよい基本文型である。」
■「効果的なひと言をぶつけるためには、シチュエーションを整えることも必要だろう。」
■「「コメント力」は実はシチュエーションを作る力に支えられている。その言葉がどこでツボにはまって、どこで効くかをよく考えておかなければならない。」
(追補)「言う場所を間違えたり、タイミングを間違えると、丸だはずしてしまうことがあるから注意したい。」
(追補2)「効果的なひと言を言うためには、「散歩に出よう」とか「ちょっと飲みにでも行かないか」と言って、まずシチュエーションを作り、それからタイミングを見計らって肝心のひと言を言わなければならない。」
■「○年間の○○生活の中で最高のクライマックスです」というこのフレーズは、覚えておくと、うれしさを表現するとき、ひじょうに応用範囲が広い。」
■「日本人は、とかく思い上がっていると思われたくない一心で本心を言わないから、「うれしいです」という謙遜語のコメントが多いが、そういうコメントは聞いていても物足りない。本心はそうではないだろう、という思いが見え見えで厭味に聞こえることさえある。一方、自画自賛系のコメントは、うまくハマれば人を勇気づけたり、場の雰囲気を大いに盛り上げることができる。」
(追補)「しかし、(自画自賛系コメントは)外してしまうとちょっと痛い感じになる。」
(追補2)「これは半分ジョークですというニュアンスを、表情やイントネーションなど非言語的な部分でカバーする。そうすれば、自画自賛系コメントは以外に受けることがある。」
(追補3)「しかし滑ったときの保障はない。だからこういうコメントができる人は、状況を見極める力がかなりあるということだろう。その実力がない人はひたすら謙遜するコメントを出すしかない。」
■「凡人にとっては、何かを断るにはひじょうにストレスになる。」
■「長い行列にちょっと横入りをさせてもらうとき「すいません」ではなく、ちゃんとした理由を言うと、大概の人はかなりストレスがやわらぐという。」
■「それはどうしてもお断りをするが、それの代わりにこちらを引き受ける」と次善策やバーター状況をだすことで、現実的にいちばん大変なものは断ることができる。」
■「皆と何かを分担してやらなければならないとき、やりたくないと思って腰が引けていると、最終的にいちばんそんな役回りを割り振られてしまうことがある。最初に「これをやります」と言ってしまうと怪我が少ないものだ。」
■「コメントを常に考えている、この習慣が重要である。」
■「当意即妙に答えるのは、能力というより習慣だ。」
■「「コメント力」とは、実は準備をしておくことが大切なのだ。」
■「名前もわからない相手、このメッセージを聞いているかどうかもわからない相手に対して感謝の気持ちを述べるのは、謝辞として胸を打つものがある。」
■「たくさんの知識の中からこれはあれに似ていると指摘するのは、コメントのひとつの方法である。」
(追補)「何がどう似ているのか明確に言えれば、ものを見る視点がクリアになる。」
■「「コメント力」をつけるためには抽象語を使う能力がけっこう役に立つ。」
■「私にコメントの仕事をふってきた理由は何なのか? ということをきちんと聞いておくと、他の人と角度を変えたコメントを出しやすい。」
■「私が意識するのは足りないものについては言及をしないということだ。注目するのは当人が最もエネルギーをかけた部分であり、そこに対して自分なら同じことができただろうかという視点で考える。」
(追補)「自分が書けたかどうかをまったく抜きにして、批評をするのはどうかと思うのが私の考えだ。」
■「何を見ても自分ならどうだったのかと考える習慣をつけておくことが大切だろう。」
(追補)「自分にはできたのかと考えると傲慢さが反省される。」
■「ほめるにしても、けなすにしても、とりあえず一回自分の立場に置き換えてから発言することがコメントをする最低限のルールではないだろうか。」
■「人を批評するときに、その人や作品について個人的に知っているという経緯を出すと、「ああ、この人はこんなに昔から知っていたのか」とコメントに説得力が生まれる。」
■「人をほめるときに、第三者の声をのせるとリアリティが生まれる。ほめるときのコツだが自分が素敵だと言うより、誰々さんが素敵だと言っていた、というほうが、ぐっと心に届く。他の人を登場させて、その人たちの評判を入れていくことで、客観性を増すのだ。」
■「「刺激を受けている」というフレーズはほめるときによく使われる基本形だから、マスターしておくといい。」
(追補)「自分自身もやる気が喚起されるとてもいいほめ方である。」
■「誰もが同じようなコメントしかできないものに対して、どう切り込んでいくのかという訓練は、トレーニングメニューとしてかなりおすすめだ。」
■「「コメント力」は気づきが最大のアピールポイントである。気づきのないコメントはただの感想を述べているのにすぎない。」
■「料理をほめるときは素材をほめるか、製法をほめるか、大きく分けてこの2つに絞られる。」
■「人に見立ててコメントする方法は、最近はよくみかけるが、うまく使うとしゃれた感じになるだろう。」(擬人化)
■「言葉は受け取ってから、何回も心の中で反復しているうちに気持ちが整ってくるという作用がある。」
(追補)「下手をすると、10年後20年後にもその言葉が蘇ってくる。言葉ひじょうに賞味期限が長い。」
■「優れたコメントは、それを言われた瞬間だけでなく、そのあとから効いてくる。」
■「「時と場合によりますね」「状況によりますね」というコメントをする人がいる。それは何も言っていないのと同じだ。」
■「「どこでそんな考え、仕入れたんだ?」というコメントは応用範囲が広い。」
■「とにかく学問という斧を鍛えておくと「コメント力」が増すという意味で、馬鹿にできないものがある。」
■「一瞬をとらえて「これこれこうしたのが、いとうつくし」と言う。この文体は大変強い。」
■「会話とコメントの違いは、コメントが短いという点にある。」
■「プレゼントとして相手に言葉を贈るのは、とてもお洒落なことだ。プレゼントに耐えうるコメントを言えるかどうかが鍵だろう。」
■「役割を一貫させて、その集団の中では期待されるスタイルを守って発言するということも、まわりを楽しませるコツだろう。」
■「自分の本心を常に言い続けるというわけではなく、場のなかで求められている役割に合わせてコメントを一貫させていくのも大人の知恵だと思う。」
■「これを言ってどうなるか、これを言ってどんなメリットがあるのか、を考えれば、発言はコメントへと進化したはずであった。」
■「人が言いそうもないことを言って、しかも的をはずさない。これは技だ。」
posted by コッパ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

「「頭がいい」とは、文脈力だ。」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・8】
<本の紹介> 〜「頭がいい」とは、文脈力である。(角川書店)〜


この本も大変素晴らしいものでした。
こんな素晴らしい本に出会えて、感激です!!

以下は、僕が感銘を受けた文章の引用です。↓

■「誰にも「頭がいい」状態と、そうでない状態があります。「頭がいい」状態が訪れると、人は幸福感を感じます。」
■「幸福感は絶対的なものです。…(中学生のバスケ部員でも、NBAの選手でも、いいプレイができた時の快感に変わりはない)…「頭がいい」状態とは、それと同じです。」
■「「頭がいい」状態は、一見幸せとは結びつきにくく感じられますが、実は幸せなことです。」
■「意味をつかまえたときのすっきり冴え渡った感覚が幸福感に繋がります。」
■「活字中毒のような特殊な中毒症状が、どうして人間には起こるのか。つねに何かを読んでいないといられないのは、つねに意味を食べていたいということなのです。」
■「(数学の苦手な人も)あるレベルまではわかる問題、解ける問題があって、そこまでは理解できていたはずです。一番の不幸は、わからなくなったところで挫折感を味わって諦めてしまい、その先に進めなかったこと。」
■「勉強ができることが必ずしも「頭がいい」ことだとは思いません。とはいうものの、意味をつかまえるトレーニングとして、勉強はひとつの有益な方法であることも事実です。」
■「「頭がよくなる」ことを諦めてしまう傾向は、若い世代にも見られますが、とくに多いのは自分が親になったとき。」
■「「頭がいい」イコール「勉強ができること」のような意識が重石になっているために、かえって「頭がいい」ということをポジティブに受け入れられない現実がある。」
■「意味をつかまえるというのは、その事柄の内容だけでなく、相手の言っていることや考えていること、その場の状況をわかろうとすることです。」
■「難しいことを専門用語や抽象語を使って話す人と、誰にでもわかるように平易に説明できる人とでは、どちらが「頭がいい」か。それは後者です。」
「現実を把握するということは、その周辺にあるさまざまな脈絡までもつかまえることです。…(中略)…すなわち場の空気が読めることです。それができる人を、私は本当の意味での「頭がいい」人と定義付けたいと思います。」
■「人はみな、それぞれの文脈を持って生きています。人が集うところには、必ず個々人の文脈があり、場の文脈があります。その状況を理解し、気を配れるということは、物事の関係を縦横から捉えることができるということです。」
(追補)「これは、単純に意味をつかまえられるだけでなくて、関連性までもきっちり把握できているということです。」
■「知的な話とは意味の含有率が高い話であるという考え方を知って、あらためて自分がいかに意味のある話ができないかということに気づくのです。」
■「「頭がいい」というのは状態のことであって、誰でも、何歳からでも変えられるのです。」
■「意味をつかまえていなければ、「頭がいい」とは言い難い。」(丸暗記は「頭がいい」とは違う)
(追補)「現代の教育でやることはほとんどが記憶力です。」
■「本当の意味での頭のよさとは、学力でもIQ でもなく、現実の社会を生きていくうえでのさまざまな局面における判断や対応のあり方です。…(中略)…ですから、基本的には、ある程度年齢がいっていたほうが「頭がいい」状態をつくりやすい。」
■「因数分解そのものを日常で使うことはなくても、頭の中の操作としては必要なのです。…(中略)…因数分解を計算方法としてして覚えていただけでは実生活には役に立たないでしょうが、考え方の一つとして把握していれば、必ずどこかで役に立つ。そういう意識を持つことが頭のよさへと繋がっていきます。」
■「単に記憶してそのまま再生するのではなくて、自分の頭を通して再構築して、自分自身の言葉として話したり書いたりするような勉強をもっと重視すべきだと考えます。それが意味をつかまえる力を培い、ひいては言葉を生み出す力に発展していく。勉強というのは、本来、そういう力を開拓していくことなのです。」
■「「頭がいい」ことに対しての不安感と嫉妬心は、他人との比較において芽生えます。「頭がいい」はひとつの状態であるとわかっていれば、闇雲に不安になることはないのです。」
■「「頭がいい」という言葉には、漠然と冷めた人という感じ、あるいは他人と距離を置いているようなイメージが伴っている。それは間違いです。本当に「頭がいい」と、他人に対する理解力も備わっているのですから、他人との距離を縮めることができる、親近感を強く感じる人であるはずなのです。」
■「一流のスポーツ選手というのは、実に「頭がいい」。」
■「自分で考えてやり抜いている人間は、実際に修羅場になっても強い。…(中略)…意味を完全に整理し切れない、最終的には統御できないところまでも、システムを作るわけです。」
■「今何のために何をやっていて、これがどういう意味があるのか説明できるのは「頭がいい」ということです。」
■「文字化されたものに限らず、私達が日常やりとりしているすべての意味には脈絡がある。その連なる意味をつかまえる力を、私は「文脈力」と呼んでいるのです。」
■「たとえその場でほとんど喋らなかったとしても、その人がそこにいることはひとつの文脈なのです。」
■「人と人とを関係づけて見られる人は、場の空気が読める人です。自分と人との関係づけ、つまり自他関係ばかりでなく、「他々関係」にまで気を配れる人は、かなり文脈力に富んでいます。」
(追補)自己中心的な人というのは、自分と他者との関係が正しく把握できないわけですから、ましてや他の人同士の関係を考えることなどできません。」
■「場の感知力は生まれ育った環境による、その人のひとつの持ち味ともいえます。この身体的な勘というのは、経験知によって研ぎ澄まされていくものでもあります。」
■「勘とは、経験知の集積に基づいた、瞬間的かつ総合的な判断です。」
■「自分が何のために何をやろうとしているかが鮮明であると、結果に結びつきやすい。」
■「数字ができる人には、朦朧としている人がいません。なぜなら、数学というのはルールが大事で一個その手続きを飛ばすと、正解が出せない。すべての手続きを滞りなく済ませていくことが大事だからです。」
■「文脈力を見定める一番手っ取り早い方法は、話の分岐点に戻れるかどうかです。なぜ今この話をしているのか。どこから道別れして、どこに戻ればいいのかがわかっていれば、文脈を完璧につかんでいます。」
■「意味や目的を持った会話、会議、授業や講義といった場合には、きちんと目的地が見えていなければなりません。」
■「自分が何の力を鍛えているのかわからない人は伸びません。」
■「聞く側には、話の内容そのものを把握する力と、その場の状況や話の流れといった周辺事情を理解する力が必要とされます。と同時に、「あなたの言っていることを理解していますよ」と相手にわからせることも大切です。」
(追補)「それがさらりとできる人と話をしていると、会話はより気持ちよく進み、「この人、頭がいいな」と感じるわけです。」
(追補2)「どうすればそれが可能になるか。それは、上手にコメントしたり、上手に質問したりすることです。」
■「人の話を聞く中で、文脈を捉える力を磨き、自分の「技」にしていくのです。「技」は、日ごろから鍛えておかないといざというときに発揮することができません。」
■「気持ちよく(話を)ぶった切られるケースがあるのか知りませんが、普通は自分の話の腰を折られると不愉快になるものです。」(「っていうか」について)
■「人の話をぶった切って、自分の都合でしか話さない人は、場の感知力がない人間として敬遠されます。」
(追補)最近の中高生は、携帯のメールを通して友達になり、気に入らないとメールアドレスを消して、繋がりを断ってしまうといいます。あるいはアドレスを変えて連絡が通じなくしてしまう。他者とまっとうに絡んでいない。他人の文脈にお構いなしに生きている。」
(追補2)「最悪なのは、他人には他人の人生があることさえ理解できずに、人を殺してしまうこと。」
■「現実とは複雑で面倒くさいものです。」
(追補)「もともと他人である別人格の人間と一緒に暮らすということだけで面倒くさい。でも、みんなその現実を引き受けていく。それが現実を生きるということです。」
■「相手をやり込めることばかりに意欲を燃やしているのはおかしい。…(中略)…その気になれば、どこにでも突っ込みを入れることはできる。けれども、揚げ足を取ったり、やり込めたりするというのは、本当の頭のよさを証明するものではありません。」
(追補)現実としてこういう揚げ足取り的なことを続けている人を頭がいいとはいえない。意味をつかまえてもいないし、意味を生み出してもいないからです。やり込めるというのは、少しも頭のいいことではないわけです。」
■「戦争という手段は、文脈を絡ませようとする努力を放棄したところに起こるのです。そこには復讐という連鎖しかない。」
■「結局、意味をつかまえるということは「繋がる」ということです。」
■「あるキーワードがあったときに、それをいわばひとつの網にして経験知を全部すくう技がある人は、アイディアが出やすい。」
■「共通理解が多いほど、新しい意味は生まれやすい。だから文脈力があるもの同士は、初めて出会って、短時間でも、相当アイディアが出る。」
■「文章の場合は言葉と言葉、文と文がきっちり繋がっていないと意味が通じません。つまり、文章として書かれたものを読む、あるいは自分で文章を書くという行為は、文脈力を培うためにもっとも有効なトレーニングメニューなのです。」
■「小説を書く、随筆を書くということを職業にしている人は、同じ経験をしていても、私たちよりも意味を取り出す能力がある。」
■「何かを伝えるためには、物事にはこういう前提があるという、始まりの事柄についての説明が必要です。」
■「現実に話されたことや行われていることから独自に会得していかなければならないという点で、文字化されていない情報をメモする能力は非常に大切だと思います。」
「あらかじめある程度の予測を立てておいて次に臨むことができると、理解というのは加速度的に進みます。」
(追補)「予測が外れても、それは経験知に加わります。次の文脈での、次の予測には必ず役に立つ。それがトレーニングの意味です。」
■「そこに書かれている意味が完全に理解できる。相手はつねに意味のあることをいっているという確信。それが重要なのです。信頼感というのは、人間と人間の関係の基本です。」
■「お喋りを聞いていると、どこにも必ずひとりはいるのが、のべつまくなし喋っている人。ほとんど「人間ジュークボックス」と化している。こういう人の話は、自分のことばかりです。他の人の話も横から取ってしまって、自分の話題に摩り替えていく。場の文脈がわかっていない。いや、場の文脈というものが存在することすら意識したことがないかもしれません。つまりあまり頭がよくない。」
■「会話を楽しいものにするコツは、相手の話とちゃんと絡んでいるかどうかにあります。」
(追補)「自分の話したいことを話すなら、相手のことを聞いて、それと絡ませて話せるかどうかが鍵になります。」
■「話を先に進めやすくするには、質問にも意味があるほうがいい。」
■「話すことでも、あるいは書くことでも、問いをはさむ習慣をつけると、文脈を見失わずに済みます。」
■「問いを立てられるということは、「人に問題を出せる」ということです。…(中略)…問題が出せるということは、全部のつながりを把握しているからできるのであって、それに対して答える側は、どこが繋がっているのかを想像して、問いと結びつくような答えを探す。」
(追補)「どんなに説得力のある答えを出したとしても、それが問いと結びつかなければ、文脈を無視したものに過ぎない。」
(追補2)「わかりきったことを訊くというのは、問いとはいえない。それは相槌と変わりません。」
■「文脈力とは、曖昧なものではなく、明確な技、実力なのです。」
■「元に戻る、違うところに繋げる、それができることが文脈力の基本です。もともと文脈力というのは曖昧なものではないので、枝分かれしていっても、必ず元に立ち戻れる。別々に見えるものを繋げることもできる。」
■「相手の話のピントがずれている、焦点がボケているときには、はっきりいうことです。…(中略)…人間というのは、より具体的に言わないとなかなか直せないものなのです。」
■「意味というのは繋がりを持って引きずり出されてくるところが面白い。知識が脈絡を持ってこそ、頭のよさと評価したくなるわけです。」
(追補)「あまり興味のもてない(話の)場合には、聞いているうちに飽きてしまいます。しかし、そこに、その人のオリジナルな視点が繋げられていると、俄然、面白く聞くことができる。」
■「自分で文脈を見失ってしまったと自覚できるということは、言い換えれば、文脈というものに目覚めたということです。」
■「重要なのは、ある現実からどれだけの意味を引き出す技術を持っているかによって、幸福度は変わるということ。」
■「文脈力というのは、状況にそれぞれの人がいかに関わっているかを把握することなのです。言ってみると、文脈を読み解くということは、いろんな人の意識の糸の絡み合いをほぐしていくということになります。」
■「「頭がいい」状態と記憶力は切り離せません。意味もわからずにただ丸暗記することは頭のよさに直結しませんが、ここで言う「記憶」とは、きちんと事柄の意味をつかんで理解し、自分の脳をくぐらせて経験知としていくことです。」
■「記憶というのは習慣であり、「技」です。記憶できないというのは、そのことに対して興味が持てないか、記憶する習慣を体得していないかのどちらかです。」
■「記憶力が悪い人、頭が悪い人というのはいません。記憶力のよくない状態や、頭がよく働かない状態があるだけ。」
■「記憶の連続性が、自己の一貫性というものを培っている。」
■「自己肯定力そのものは気質とも考えられますが、よい場面の記憶を繋ぎ合わせていくところにパワーが出てくる。」
(追補)「自分に対して、つねに自分は味方であると信じる、それが自己肯定力だと思います。」
■「感覚を記憶していくことは非常に大切です。あるシーンを写真のように記憶しているとか、映像のように思い出すことができることは、人生に厚みを増すコツになる。」
■「記憶するコツのひとつに、映像の記憶と言葉の記憶をセットにするとかなり覚えやすいということがあります。」
■「ある出来事があったとき、瞬時に網が繋がっていくような記憶のネットワークを持つ人は、長い時間ひとつのものに関わっていくうえで大変な資産になります。」
(追補)「ありありと話せるということは、明確な繋がりを持った記憶がしっかりと残っているからできるのです。」
(追補2)「いつでも(記憶を)随意に取り出せる状態にしてあり、それを自在に組み合わせて話を構築できる術を持っている人だけが、ありありと語ることができるのです。」
■「「語る」という習慣を持っていると、記憶が定着しやすい。つまり、記憶力を増進させる一番のコツは、人に向かって話すことなのです。」
(追補)「人に話をするときには、自分の中で構成を組み立てます。記憶について語るのでも、自分自身の印象に残ったところを繋ぎ合わせてひとつのストーリーに仕上げて話すので、そのまま再生しているようでも、実は自分を関わらせて再構成しています。」
■「記憶もまた、質感、手触り感があると、時間を経ても生き生きと取り出すことができます。」
■「経験知を巧みに組み合わせることができるのは頭がいい。何と何をセレクトすればいいのかが瞬時にわかるのは、脳の中の連結がいいということです。」
■「記憶はしていても、全部が整理だんすか倉庫にしまわれていて、三年ぐらいしまいっぱなし、もうどこにしまい込んだのかもわからなくいようでは、取り出せないと同然です。…(中略)…日常ではしまい忘れてしまった記憶というのは役に立ちません。」
■「記憶をいつも使用可能な状態に並べておくことが大事なのです。…(中略)…芋蔓式に引っ張り出せるようにしておく。」
(追補)「ときに、要らないことまで思い出すことがあります。…(中略)…よく考えてみると何か関連性がある。繋がっている。それが脳の中の自然なあり方なんです。」
■「「意味」を考えるのです。…(中略)…これ以上考えてもどうにもならないことを削ぎ落とし、これはいろんな意味を持っているということについてはさらに深く意味を考え、記憶に残す。そういう精神の癖をつける。繋がっているものを重要とする習慣をつけることです。」
■「忘れることもひとつの技。…(中略)…これ以上、このことを深追いするのは時間の無駄であるという見切りをつける。」
■「人間の記憶は、一度印象として染み付いてしまうとなかなか抜けないものだ」(野球の古田選手の言葉)
■「(古田選手は)過去のことを伏線として見ることが習慣になっていて、すべてが明快に理由付けされている。」
■「山ほどある情報から自分に必要な情報を得るには、「選ぶ」より「いかに捨てるか」の方が重要」(将棋の羽生善治さんの言葉)
■「忘れればそこにスペースができて、新しい発想が生まれるんじゃないかと考えている」(羽入善治さん)
■「忘れるからこそ新しいものを取り入れていくことができるのだと、ポジティブに考えていく。これが頭のいい発想法なのです。」
■「直感というのは経験知です。これでいいと思ったらそれで進み、次に開けてくる局面に思考を集中させる。」
(追補)「あれこれ考えて行動するようになってしまうと、勇気が出てこない。…(中略)…緻密に用意していても、踏み込む気持ちが弱いと、及び腰になって相手の心をひきつけられない。」
■「ひとつのことを考え続けるということが、「頭がいい」状態にとって重要な要因なのです。」
■「あることを考えつづける、工夫しつづける、その脳の粘着力というか、粘り強さがあると、「頭がいい」状態をキープし、さらに上へと高めていくことができるわけです。」
■「勉強は、脳の粘り強さを鍛えるためにやる。脳味噌の体力をつけるためにやるトレーニングメニューなのです。」
■「場の文脈に対して自分の文脈を絡めていく、自分を関わらせていくことが文脈力です。」
■「踏み込めないのは、生きる姿勢としての勇気が足りないこと。だから踏み込むというメンタリティを鍛えておくことが、現実をより確かに、賢く生きることに結びつけてくれる。人生における決断には、踏み込む勇気が非常に重要です。」
「仮に選択肢が四つあったとします。四つの中から自分が正解だと思うものをひとつだけ拾い出そうとする人は、ミスを犯しやすい人です。…(中略)…全部が同じように25%の確率で怪しいわけではありません。…(中略)…まずしなければいけないのは、大きな×印をどれにつけるかという判断です。これは幹ではない、絶対にありえない、というものをひとつ選ぶ。」
(追補)「私が採点者であれば、間違え方によって採点を振り分けます。もし大きな×印をつけるところで間違えたら、迷わずマイナス十点をつけます。ここは絶対に間違ってはいけないところ。意味が全くわかっていないということだからです。…(中略)…これは致命的です。何を言っても正しく理解できない人ということになります。」
(追補2)「ふたつに絞り込んだところで、細部に注意を払って考えて、答えを選ぶ。ここで間違えたという人はまだ見込みがあるので、正解の半分くらいの点をあげられます。」
(追補3)「四つを均等に調べようとするから細かいところまで目が届かない。ふたつに絞って比較すれば、結論は出しやすい。」
(追補4)「最初から全部をルーペで見比べている人はこれまた大局観がない。そこで、ざっくり分けて必要なところだけルーペで確認するようなやり方が望ましいということになります。」
(追補5)「丁寧に、最初の問題から一つひとつルーペで確認してじっくり考えていたのでは、時間がなくて最後の問題までたどり着けない。試験の感覚同様、配点の大きいものに時間をかけるべきなのです。」
■「大局観を持って、どれが幹で、どれが葉なのかを見失わないようにする。「頭のいい」決断をする人は、文脈力がある人なのです。」
■「「頭がいい」状態というのは、言葉を自在に操ることができる能力と深く繋がっています。基本的には、客観性のある話ができるということは頭がほどよく働いている証しです。自分の文脈しか見えず、何を話しても自分の話になってしまう人は、どう見ても頭がよくない。」
(追補)「こういった完全に自分だけの世界で回路が閉じてしまっている人は文脈力が欠如している。」
■「話というのも飛んだり、戻ったりするのは普通にあることですが、繋がりを持ち、ある程度の客観性を持っているほうがいい。」
■「記憶するときには、自分の経験を関わらせたことのほうが印象深くて覚えやすいし、思い出すときも、自分がどう感じたかということがたどれると記憶が甦りやすい。」
(追補)「食感とか味覚というのは主観的経験として残りやすいもの」
■「客観性と主観性を結びつけていく作業が(記憶するには)必要なのです。」
■「記憶が捩れてしまうとか、自分の妄想が膨らんでしまうようなケースは、主観と客観との区別に対する意識が薄いと思われます。」
(記憶がよじれる例:別の記憶と混じって正確に思い出せない 再生して話をする段になって、自分の勝手な解釈が加わってフィクション化してしまう、など)
「外側の世界からの刺激というものと、自分が受けた印象とをはっきり分けてとらえることができる人は、主観と客観の混濁が起こりにくい。」
■「青、赤の客観的世界と緑の(主観的な)世界がごちゃ混ぜになっていて、自分の話したことが現実だったのか自分の思いだったのかわからなくなってしまうと、それこそボケた話になったり、妄想世界にはまってしまいます。」
■「日本には、前置きや型どおりのフレーズなど、質感のない言葉があふれ返っています。意味がないのに、それをいうことでなんとなく意味があるかのように錯覚してしまう。…(中略)…形式的な論理性にこだわるのは頭がよくないのです。「そこに意味はあるか」と考えてみれば単純明快なことです。」
(例:「抜本的な改革をする必要が早急にあると考えられる」)
■「個別の状況に応じて、自分がどのような関わり方をしているのか、その繋がりというものが面白いわけです。自分を関わらせないで語ろうとすると、人は薄っぺらい印象を持ちます。」
■「(スピーチなどでは)たったひとつかふたつでいい、その場、状況と自分とを繋ぐオリジナリティのあるエピソードを織り込む。…(中略)…そういう建設的な作業をしないで、誰が言っても同じありふれた言葉を吐くだけというのは、怠慢極まりないと私は思います。」
■「文章を用意して覚えたり読んだりしようとすると、言葉が死んでしまいます。」
■「質問には頭のよさがクリアに現れます。…(中略)…本当に文脈力が必要になるのは(まとまった話ではなく)質問です。相手の脈絡にどう関わるのかが問われるところなので、質問が的を射たものであるかどうかで、文脈力が明確にわかる。相手の話を理解しているか。相手の現在の状況に思いを馳せることができるか。いいタイミングで訊きたいことを尋ねられるか…。」
■「あらかじめ準備された質問と答えなどというものは、生きていない言葉と同じです。質感に乏しい。」
■「臨機応変というのは、いきなり投げられた球でも、きちんとキャッチでき、自分を関わらせてまた投げ返せるということです。」
■「自分の話ばかりするのは年齢を追うに従って強くなる傾向でもありますが、これを続けていると、つき合う人の幅を狭めます。」
■「自分の話しかしない人と、自分の知っている話しかしない人同士は、容易に関わり合うことができません。」
■「最初の質問で感じたのと、大きく印象が変わる人はまずいません。」
■「質問に対して、日本では答えをはぐらかすケースが多い。」
■「日本人の受け答えのポイントがずれている最大の原因は、自分を守ろう守ろうとする自己防衛の意識が強いためだと思います。」
(追補)「まっとうに答えないこと、はぐらかすことが癖になっている。というより、答える習慣がないために、もはや対応できなくなっている。」
■「お喋りをするために事前に話す内容を考えたりすることはあり得ない。」
(追補)「男性の場合、話す内容に意味を求める傾向が強いので、お喋りに魅力を感じないのです。(だから男性にとって、意味なく話をすることはストレス発散になりにくい)」
■「実は、頭を使うお喋りとほとんど使わないお喋りとがあります。…(中略)…頭を使う会話にするには、自分を関わらせた意見なり感想なりを交えて話をすることです。」
■「考えないのは、人間にとってきわめてつまらないものです。」
■「つねに考えるという習慣をつけると、日常の会話にもぐっと意味が出てきます。気の利いた会話というのは、意味がある会話からしか生まれません。」
■「ちょっと視点を変えるだけで、見えないものが見えてくる、発想が広がるということはよくあります。行きかう文脈力を繋げるためにも、大いに役に立つ。視点を変えると、繋がり具合が違ってくるので、非常に客観性を増します。」
「視点を自在に移動できると、自分への囚われというものが少なくなっていきます。」
(追補)「しくじったって、たいしたことないや、とか、これがダメでもこんなふうにすればいい、と思えるようになる。これは自己肯定にもなりますが、他人を認めることでもあり、社会という枠組みの中で生きやすくなることでもあります。」
「重要なのは、ある現実からどれだけの意味を引き出す技術を持っているかです。」
■「幸福というものを突き詰めていくと、必ずしも快適な状態ばかりを意味するわけではないとわかります。晴れた空だけの一生というのも、それはそれで味気ない。悲しみもまた幸福感に通じるものです。」
■「同じ時間を生きるにあたっては、やはり意味が取り出せない人よりは、取り出せる人のほうが、充実感を味わえる。」
(追補)「初めて出会う人と何かがあって別れていくというような、ちょっとした出来事を短編にまとめ上げられる作家は、意味を取り出す力を持っているということになります。」
(追補2)「目に見えるものと、見えない心の動きの両面にわたって意味を書き連ねていく。小説というのはそうした意味を書いていくもの。すべてが意味なのです。」
■「本を読むことは、その意味の集積を読むこと。」
■「文章というのは明晰であることばかりが大事なわけではありません。簡潔明快なものには概して味わいはない。」
■「文脈というのは発信者が注ぎ込んだものに、受け手の側がどれだけ関われるか、どれだけ踏み込んで探しにいけるか、という問題です。」
■「現実をありのままに引き写すリアルさだけではなく、映画(の「モンタージュ」という手法)は断片的で、この間を繋いでいってくださいと観客に委ねている。…(中略)…ですから、見る側に強烈な印象が残りやすい。」
■「謙遜の美徳のようなものが、人間のエネルギーを押し込めている、相互に引きずりおろし合っているんだよ、この社会は。…(中略)…悶々と悩むからレベルが高いということは全然ない、ということをニーチェはひたすら言いたかったのです。」
■「能力のある人は、カオスに自分をわざと投げ込むことができる。これをやると自分の想像を超えたものを生み出すことができるからです。」
(追補)「ただし、文脈力のない人がやると支離滅裂になります。シュールであることと支離滅裂は別です。」
(追補2)「散らしてあってもちゃんと繋がりがあって、伏線に対してちゃんと答えが用意されていなくてはならない。とっちらかることと、散らすことは違います。」
■「ひとつのことを延々とやりつづけると、あるところからふっと違うゾーンに入っていくのです。…(中略)…その領域に入ると、ふだん発揮している能力以上の力がバーンと出る。」
(追補)「一回その集中状態に入ると、抜け出すのがもったいなくて止められなくなる。」
(追補)「(この状態に入るのを)「技化」できるようになると、レベルアップした頭の働きにいつでもすっと入ることができるようになっていきます。」)
■「訳のわからない人生訓を社訓にして毎日唱えたりしていても、社員の能力は高まりません。」
「意味が伝わらないと、一見同じことをやっているようでも、全く違う結果になってしまう。」
(追補)「私たちは普通、現実はひとつだと思っていますが、意味はひとつの現実に対して多元的にあり得るということを、ここでも学ぶわけです。」
■「現実に対してちゃんと現実感が持てるのであれば、客観と主観が区別できるわけで、幻の世界にのめり込んだって弊害はない。「オタク」として生きていくことになるだけで、世間的に大きな迷惑をかけることはない。」
■「感情のエッセンスがたっぷり込められている詩を読み、記憶にしっかり植え付けることで、こうしたものが生涯にわたって感情の源泉になるはずなのです。」
■「感情に関する文化的な素養がないと、他の人とうまく繋がることができない人間になりますから、(たくさんの感情を理解することは)自分自身が生きていく生命力にも、コミュニケーション力にも影響していくことになるのです。」
■「「頭がいい」というのは、相手の意図とか感情とか理論、その人が何をしたくてどうしてこう言っているのかがわかる人。脈絡をぴたっと捕まえられる人です。」
■「アイディアを出すというのは、かなり高度なように見えますが、用は文脈の組み替えです。文脈力というものがあって初めてできる。」
■「脳のネットワークの中で、こことそことが繋がったとなると、ではこっちをアレンジすることで何かができる、ということが見えてくる。そういう意味では、「触発される力」を含めて文脈なのです。」
■「「型」を自在に操れるところまでは鍛えることでできますが、「型」を創り出す人は別格。」
■「物理や数学の世界では、シンプルにすることができる人ほど頭がいいと見なされています。」
■「今何をやっているかが誰でもわかるようにするために、道具として「型」を設定する。」
■「どれだけ大きな文脈を自分の文脈と繋いで生きることができるかが、本当の頭のよさを決めます。」
■「「こうやろう」「絶対にやるんだ」というひとつの大きな強い意識なり意志が、決断のスピードを速めます。」
(追補)「今決められることを決めないで先送りしている、あるいは新しいことを始めるというよりは、いろいろなことを理由付けに現状を維持しようとするのは、決断をしないのと同じです。」
■「決断をしていれば、間違った決断をしたときにそれを止め、軌道修正を図る決断を迅速にすることができますが、先送りされたままの状態では、いつまでも問題の緒を引きずっていて止め時まで失う。」
(追補)「決断スピードが遅いのは、ビジネスにおいても勝負の世界においても致命的です。」
■「進展するための努力を怠ることができない状況というのは、つねに差し迫られているということです。」
■「外部の風にさらされていないところは、淀んでしまう。またそういうところほど、保身の意識が強いのです。」
「機嫌がいいというのは、気分だけでなくて、相手に妙な気を遣わせまいという気が利くことでもある。」
■「知的な人間はやたらとニコニコしたり、愛想よく振る舞ったりしないものだという思い込みがある。いつも機嫌よく穏やかに接する人を見て、頭のいい人間はこんなに上機嫌であるはずがない、と思っている。いや、思いたいんですね。いずれも人間の愚かなる嫉妬心です。」
(追補)「実際には、頭の膠着した人ほど、顔も表情も強張って無愛想で、頭のいい生き方をしている人ほど、にこやかで生き生きとした表情をしています。」
■「無気力の連帯感はすさまじいものがあります。」
■「もそっと淀んだように話す人は、頭が回転していないと思って間違いない。…(中略)…言葉ひとつ、表情一つに冴えがなく反応が鈍いけれど、実は頭がいい、などということはあり得ないのです。」
■「面白いアイディアが次々と湧いてくる、話していて気持ちがいい、といったことを感じさせてくれる人がいれば、その人と会話することで自分の中で何かが触発され、意味が生まれる心地よさを味わっているのです。そういう人は、自分にとっての「頭がいい」状態を作り出すためのパートナーと呼べるでしょう。」
「その時々の気分で物事を判断することは、一貫性を欠く。」
■「何かの問題に対処するには、ある程度、気分とは独立して考えるべきだ」
(追補)「人は往々にして気分に左右されてしまいます。」
■「「頭がいい」状態を維持することは、暗鬱な気分を払拭できるということです。それを技化すれば、人は気分に囚われない状態をいつでも創り出せることになります。」
■「「頭がいい」ことによって気分も変えられる。気分次第で頭の状態が変わるのではなくて、考える能力というものが、気分をも変えることができるわけです。」
■「まずは、自分の頭が一番働いて幸福感を感じることのできる瞬間は何かを見直して、そこを技化するところから地固めを始めましょう。」
■「すっきり定義するのは、なかなか大変な作業だ。」
posted by コッパ at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

「質問力」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・7】
<本の紹介> 〜質問力(筑摩書房)〜


この本はたいへん素晴らしいと思います。
感動しました!

以下は、僕がこの本で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「初めて出会う人と3分後には深い話ができたり、相手の専門的な知識や話題を、たとえ自分は素人でもきちんと聞きだせる能力があるかないかは、その人の人生の豊かさを決定づける鍵になる。出会いが人生の豊かさの質を決めるのである。」
■「聞くだけではなく、質の高い質問をつねに相手に発していく厳しさがなければ、「コミュニケーション力」はなかなか上達しない。」
■「問題を作る側に立ってしまえば、テストはあっけないほど簡単に解けてしまう。」
■「自分がたとえ素人でも、質問のしかたによってすぐれた人からおもしろい話を聞きだすことができる。」
■「人間が成長していくためには、自分よりすぐれた人と対話をするのがいちばん早い。」
■「質問がおもしろければ、人はどうしても教えてあげたくなってしまう。」
■「いちばん大切なのは「質問力」というコンセプトをいつも意識する習慣をつけることだと思う。」
■「(日本人は)答えを要求される場合は考えて答えるのに、質問のときは深く考えず、なんとなく聞いてしまう。」
■「「質問力」は状況や文脈を常に把握する力が試されているといえる。」
■「積極的な人の中に的外れな質問をする人が多く、むしろ黙っている人のほうが、よく話がわかっていることがある。」
■「滔々としゃべっている人がすごいのではなく、質問をした人で場は支配されている。」
■「質問次第で相手の言葉が引き出せる。それによって相手の状況がわかってくるから、さらに深めた質問をする。その繰り返しによって「気が合うね」という状況を作り出すことも可能である。」
■「言葉がやり取りされている水面下には相手にも自分にも経験世界がある。だれもが自分の経験世界を話したい。」
■「おもしろい話をするからと言って、対話上手とは限らない。」
■「楽しい場を作っていくためにはお互いに経験世界を混ぜ合わせることが大切だろう。双方の脳味噌を混ぜ合わせられる快感が、充実した時間を過ごしたという感覚につながるのである。」
■「相手の苦労や積み重ねてきたものを掘り起こすような質問ができると、少なくとも相手にとっては深まった話ができた印象になる。」
■「相手が持っている主観的な世界に対してこちらがおもしろいと感じて質問すると、相手は「そういえば」と言ってあれこれ思い出す。それは発見であり、非常にクリエイティブな関係だ。」
■「身体感覚は人の過去の経験世界に結びついている。」
■「自信を持って扱える道具があるかないかということは非常に大きい。それまでの人生で、その人が何にエネルギーをかけてきたのかがわかってしまうからだ。」
■「(選ぶときに)母集団が20個から10個選んだのか、1000個から10個選んだのかで、その10個は違ってくる。」
■「本質的であることと抽象的であることは一見似ている。」
■「子供はしつこく聞く。相手の事情や文脈をあまり理解しない自己中心的な質問といってよい。」
■「質問とは相手の状況、相手の興味、関心を推しはかり、自分の興味や関心とすりあわせてするものである。自分の一方的な興味だけで聞く質問は、相手にとって苦痛以外のなにものでもない。」
■「人に語ると整理ができる。これは頭を整理する鉄則だ。逆に言えば、頭を整理させてくれるような質問を自分にふってくれる人はありがたい。」
■「何でも相手の経験世界に踏み込めばいいというものではない。」
■「アンケートの質問を考えるのは非常に難しい。質問のしかたによっては具体的な答えが返ってこなかったり、本質的なことがわからない。失敗するとまったく回答なしということもある。」
■「質問は充分練って作らなければならない。いくつか考えた上で取捨選択して選んでいく。あるいは一つの質問をブラッシュアップさせていく。これが練るという作業だ。」
■「取りあえずあいづちを打っておくことで、本当は相手の話に同意していなくても相手の話を引き出して聞くことができる。これが「質問力」の前提になる作業である。」
■「あいづちに近いが相手の言葉をオウム返しに繰り返す技もある。これは場を流して次の言葉を引き出すのに効果的である。」
(追補)「ただし語尾を上げた疑問形にしてはいけない。あくまでも語尾は上げずに繰り返す。」
■「相手の話の中にキーワードをまず見つける。そして相手の口から発せられた言葉を自分も使うと、相手はたいへん好感を覚えるのである。」
■「相手の言った言葉ではなくまったく違う外部から「引っぱってきて」、第三の文脈を立てるという技もある。」
(追補)「自分の経験世界だけで話さず、外部のテキストを共通のテキストとして話すのは、会話を盛り上げるコツである。」
■「「ああ、なるほど」と手を叩きながら繰り返す。相手と知識を共有していない時にも使える技だ。」(ブルペンキャッチャーはピッチャーの調子を上げるために、わざと音を響かせて球をとる)
(追補)「この技は知識の豊富な人と話す場合に使える。受け方さえ上手なら相手はどんどん話してくれる。するとこちらは勉強できる。」
■「聞いたことのない専門用語や固有名詞が相手から出たときは、繰り返すことで自分のほうが慣れていく。自分が言った言葉には慣れやすいからだ。」
■「自分自身がどういう人間かを説明するより、互いの好きなものを見せ合うほうが相手との接点を見出しやすい。」
(追補)「もし好きなものが通じ合っていれば、会話は一気に盛り上がる。好きなものについて語り合っている時が、いちばん幸せな状態だからだ。」
■「お互いに違う人生を生きるもの同士が、どこかに交差点、結び目、つながりを見出せれば、あとの話はかなりうまくいく。」
■「相手と自分がいったいどこでつながっているのか強く意識しながら対話をすることが、いい質問を生み、コミュニケーション全体をいきいきとしたものにするのだ。」
■「大切なことは相手の好きなものと自分の好きなものにたとえズレがあっても、何とかつながりを見出しながら話を折り合わせていくことだ。」
■「その人間がいちばん力を入れている部分をしっかり認めることがコミュニケーションには必要である。」
(追補)「大切なのは、相手がいちばん苦労したことを取りあえずくみ取ることである。」
(追補2)「つまりコミュニケーションは減点制ではないということだ。…(中略)…弱点ばかりを拡大してみるという評価の仕方だと、お互いに共感が深まらない。」
■「対話においては、誰もが「自分の言っていることに意味がないのではないか」という不安に襲われている。あるいは襲われなければいけない。」
■「(相手の言葉に対して)見つける側のアンテナが豊富であればあるほど、ひっかかってくるポイントは多くなる。するとそのポイントを題材に、次々と話が展開できるようになる。」
(追補)「漫然と話を聞いていて、そういうコミュニケーションができるはずはない。ポイントをたくさん見つけようと意識しながら聞いているからできるのである。」
■「相手の言ったことに対して、「それは別のこれと似ていますか?」と質問するのは、質問の王道である。」
(追補)「別の何かを持ってくることで、相手も触発され食いついてくる。上手に似ているものを出せた場合、特に相手が考えてもいなかったものや秘密にしていたものを提示できれば、「この人は自分のことをわかってくれてんだ」と感動してくれる。」
■「「お元気ですか?」とか「最近どんな調子ですか?」とか軽い質問で話しかけ、軽く答えて一応終わる意味のないコミュニケーションも時には必要である。」(一種の礼儀)
■「相手に沿っていて、なおかつ本質を突く質問に、変化をたずねる質問がある。相手の中に起こった変化(転換点)について語ってもらう。その答えは豊かになることが多い。」
■「変化について語るのは非常にやりやすい。相手に変化前と変化後を比較させて話させればいいからだ。」
(追補)「1つだけだと何も触発されないのが、2つ並べて比較するといろいろなものが見えてくるのだ。」
■「大事なのは劇的に変わった瞬間については、人は熱く語るということだ。」
■「コツについて聞くのもいい。…(中略)…ただ「ファンです」という形で聞くのではなく、その人が苦労を重ねてきた、思いがこめられているところを「コツ」という形で質問すれば、口から言葉がほとばしる。」
(追補)「技術というのは非常に具体的なポイントであり、その人の専門性を尊重することにもなる。」
■「(インタビュアーが)私でも代わりに答えられるような質問をプロの選手にしているのは、見ていて苦痛である。その人にしか聞けないことを聞くのが礼儀だろう。」
(追補)「「質問力」のなさを決定付けるのは勉強不足である。相手に関する情報がなければいい質問はできない。」
■「相手が専門家の場合は特にそうだが、できるだけ相手の専門性を尊重してあらかじめ知識をつけておき、それに基づいて質問するのが望ましい。」
■「日本では素朴な質問が喜ばれる傾向にあるが、それは間違いである。基本的にきちんと知識があった上でする的確な質問のほうがすぐれている。」
■「(対話など他に聞いている人がいる場で)「自分にはすでにわかっているが、他の人も知りたいだろう」という質問は、配慮のきいた質問になる。この「大人ゾーン」の質問をうまくできるかどうかで、大人の対談になるかどうかが決まる。」
■「話に沿って展開していく場合、比較的よく使える技には「具体的に言うとどういうことなんですか」という質問がある。これはあらゆる場面で使える。」
(追補)「むしろ具体例のほうが頭に残ったりする。」
■「基本技は、抽象的な話になりすぎたら、「具体的に言うとどうなるか」と質問する。具体的な話が長すぎたら本質的なテーマに持っていく。この往復運動がずらしのコツである。」
■「ひっかかりを作る努力が「質問力」の重要な部分である。一つ聞いただけでだめでも、くじけないでいくつか聞いていく。」
■「相手の話を自分の経験世界に引きつけて話す時、注意すべきポイントがある。自分の話に引きつけていることを意識できていることである。意識があれば、話が行き詰まった時、相手の経験世界に戻すことができる。しかし、意識できていないと、ずっと自分の話を続けてしまうことになる。」
■「コミュニケーションのひとつのコツだと思うが、「私個人の暦の話になりますが」と前置きができることは大切だ。…(中略)…つまり、コントロール可能ということを相手に示しているのだ。自分の話を始めたら止まらなくなる“病気”は持っていないことが分かる。」
■「答えている当人がその質問をされるまで思いもしなかったことが導き出されるものを、最もすぐれたクリエイティブな質問という。…(中略)…そのインスパイアが起こる働きをもった質問が、もっともクリエイティブな質問ということになる。これが「質問力」の最終目標である。」
■「一人の人間として聞くのか、同じアメリカ人として聞くのか、あるいは同世代の人間として聞くのか、聞く人の立場によって答え方も違ってくる。」(相手との関係性によって答えの質が変わってくる)
■「相手が言ったことに対して「どうしてか?」と聞き、その答えに対して「わかるよ」と受け取る段取りは共感系の基本作法である。」
■「一つでもインスピレーションを得ることができれば、コミュニケーションは完全な成功である。」
■「「どうして」「どうやって」という質問で何度も促しているのはカウンセリングマインドに近い感じで、相手の心に寄り沿い、一番心の負担になっている部分を分かち合いたいという方向性がある。」
■「物事の結果について聞くより、何かが生まれてきた経緯について聞いたほうが得るところが大きい。」
■「ハイレベルの「質問力」で大切なのは自分自身にその質問をした時、どう答えるのかを、一応シミュレーションして、ある程度の答えを用意しておくということである。自分が聞かれたら、とうてい答えられないような質問はしない。そうでないと、返ってきた相手の答えに対応できないわけだ。」
■「テーマを持った質問は、コミュニケーションを深める可能性が高い。」
■「コミュニケーションの際、相手の精神分析的な深層心理や過去の心的外傷をつき詰めていくことがいいことだとは思わない。だが、その人にとって活動の根幹をなしている本質的なテーマについては常にふれていた方がいい、と思っている。」
■「質問が短いのに答えは長い。ということはそれだけ答えを引き出すパワーを持った質問ということになる。」
■「相手に対してよく勉強をしていて、他の人が気付かないようなポイントを質問することによって信頼を得るのは、コミュニケーションのひとつの方法だ。」
■「質問や対話のコツとして、相手が苦労している事柄で表に出にくいポイントに関して聞くのは有効な方法である。」
■「当人が思ってもいないようなことを引き出してきたり、今までつながっていなかったものがつながって来たり、一つのテーマが非常に深まってきたり、質問によって自分自身も忘れていたようなことがわき上がってくる経験が、コミュニケーションの喜びである。」
■「偉大な聖人たちはほとんど本を書いていない。質問に答えて話をするのが基本的なスタンスである。」
■「(偉大な人たちは同じ質問をしているのに)なぜあの人にはこう言って、この人には言わなかったのか?それは相手のレベルを見通して答えを言っているからだ。彼らも普遍的かつ絶対的な真理をいつも述べているわけではない。質問者しだいによって引き出されるものが違うのである。」
posted by コッパ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

「原稿用紙10枚を 書く力」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・6】
<本の紹介> 〜原稿用紙10枚を書く力(大和書房)〜


以下は、僕がこの本で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「「書く力」をつけることは、考える訓練になる。」
■「「引用」は量を書くときには非常に役立つ。」
■「十枚以上の長い文章を書くには、メモやレジュメをつくり、文章を構築する必要がある。構築力が文章を書く力の中心になるのだ。」
■「変換やアレンジをするときには、自分のオリジナリティが自然に出てくるものだ。」
■「「書く」ことの基本的な機能は、体験の意味、経験の意味をあきらかにすることである。」
■「書き言葉はその定着力に特徴がある。体験は、そのままにして放って置けば、流れ去ってしまう。それを言葉にすることによって、後で読み返せる形にして、そのときの心の状態をつかみとることができるようにするのだ。」
■「話された言葉がその瞬間に消えていくのに対して、書かれた言葉は定着し、時間を超えて残る。」
■「書くという行為によって、言葉はその人の身体から切り離され、特定の状況から切り離されてしまう。それだけに、誤解を生みやすい面を持っている。だからこそ、書くときには公共性の意識が大切になる。」
■「上手に話せる。だから、上手に書けると思っている人がいる。しかし、それは温泉旅館に泊まってピンポンをして、それで自分は卓球がうまいような気になっているのと同じである。」
■「なぜ書くことで考える力を高められるのか。それは、書く作業ではつねに脳をフル回転させる必要があるからだ。自分が思ったことをただ書くだけでは、脳が鍛えられることはない。意味のある文章も書けない。」
■「感じたことを気のきいた言葉にするのと、きちんとまとまりのある文章にするのとでは脳の働かせ方がまったく違うのだ。」
■「思考を緻密にしていく作業が、書く作業にはともなう。だから、書くことで脳は鍛えられる。」
■「書くことにおいては、そこにどの程度「意味」が込められているかという、意味の含有率が問題になるのだ。
■「文章を書く力がつくことは、内容のある話ができるようになることでもある。なぜなら、それは考える力がつくからだ。」
■「「書く力」「書き言葉で話す力」をつけるためには、「読む」という行為が絶対に必要である。よい文章を書ける人は例外なく、膨大な量の本を読んでいる。」
■「考える力があるかどうかが、その人の人生を大きく左右するようになる。」
■「(企画を)「練る」とは、頭の中であらゆる状況を設定して、人が疑問を持つようなところはすべてクリアにした上で、シンプルにわかりやすい案にまとめ上げる作業である。…(中略)…この思考の粘り強さも「書くこと」で身につけられる。」
■「書くという行為に偶然などない。まるで自動書記になったかのように感じられるほど、無意識にサラサラと文章が浮かんで作品ができてしまうということはない。」
■「読者にその作品を読むときのとらえ方、つまり読者側の視野を広げ、きっかけを与え、読者の脳と作者の脳が感応して、そこで火花が散るような出会いの機会を与えるのが、本当の批評であろう。」
■「どんなことにもいえるが、「価値を高める」「価値があるものを見つける」「新たな価値を創出する」ことは、大変なことである。逆に価値を下げたり、価値を失わせたりするのは、とても簡単だ。」
■「何かを取り上げて書くときには、そこに新たな価値を発見し、生み出すことに意味があるのだ。」
■「書くときにもっとも注意しなくてはならないのは、誹謗中傷をしないことだ。」
■「書くことでめざさなくてはいけないのは、主張内容を過不足なく込めることである。主張内容とは、書く人の「新たな気づき」である。」
■「「書く」とは、書いた人間を個人的にまったく知らない多くの人たちに、内容が正しく伝わるということである。」
■「アイディア(ネタ)出しまでは主観が大きく働いているが、その後の作業では客観が主体にならないと、文章を構築していくことができない。」
■「きちんとした論理が通っていながら、語り手の主観が伝わる文章が、バランスのとれた、いい文章ということになる。」
■「いきなり文章を書きはじめる前に、書くということを前提にした読書が必要だ。読みっぱなしではなく、書く材料として使うつもりで読むのである。」
■「読書は文章をインプットすることであるが、単に知識を得るだけでなく、アウトプットを意識すると、より上質な読書ができる。書くことを意識して読むと、インプットの作業、すなわち読書が格段に活性化する。」
■「「書くために読む」という意識を持てば、「書く力」は読書量に比例する。書くことを意識して読むことで、読み込む力もつく。」
■「その本の中の2割を読めばいいのだ。…(中略)…たとえ、8割の部分に目を通せなくても、一冊の本から三ヵ所くらい使える部分が見つかれば、その本は十分に意味がある。」
(追補)「つまり、読むスピードよりも、どの部分を読むかという選択眼を養うことが大事なのだ。」
■「本はあくまでも書くための材料、料理でいえば食材と割り切ってしまう。」
■「書きたいことを自分の中でキーワードとして意識しておく。そのキーワードを網の目のように張り巡らせて本を読んでいく。…(中略)…網とは問題意識と言い換えてもいいが、あらかじめ書くためには、こんなものが必要だという意識を持つことである。」
■「自分の考えと素材となる他の人の書いた文章を絡み合わせることで、書く力は上がる。ここでいう素材とは、自分にとっておもしろい、意味があると思えるものである。」
■「引用しながら、自分がその文章からどういう刺激を受けたかを書いていく。」
■「引用は、読む人がその引用部分だけ読んでも満足するような楽しいものを入れるのがコツである。」
■「オリジナリティとは、言葉そのものにあるのではなく、その内容にあるのだ。」
■「引用するときに気をつけることは、関係ありそうなものを並べてしまわないことだ。関係ありそうなものが並んでいても、読み手を刺激しない。」
「おもしろいとは、それまで頭の中でつながっていなかったものがつながるということでもある。」
「おもしろい話をする人は普通なら結びつきそうにもない意外なことを結び付けて、聴く人に「ああ、そうなのか」という気づきの喜びを与える。」
■「文章の中に、読み手に何らかの「気づき」を与えるものがなくては、読む意味もない。」
■「キーワードを拾い出してからはじめて全体の構築をするという作業に進む。全体を構築するためには、ネタの洗い出し、すなわちキーワードを拾い出すことが前提になる。」
■「だれもが重要だと思うポイントをつかむとともに、自分がおもしろい、重要だと思うものを拾い出すことで、自然と自分のカラーは出るものである。」
■「書くことは構築することであることをはっきりと認識して、訓練していかなければ、書く力をつけることはできない。」
■「一本大きな柱を立てて、その中に構成される項目が三つほどあると、ほぼ落ち着いた構築物になる。」
■「性格の違う三つのキーコンセプトを取り出して、その三つをつなげる論理を組み立てていく。…(中略)…三つのキーコンセプトは、その文章全体を構築する三脚である。あまり似たもの同士では、距離が近くなって安定しなくなる。それぞれが相互に侵食し合わない、ある程度離れた三つをたてることが重要なのだ。」
(追穂)「三つをつなげることによって、複雑さが生じて、自ずとオリジナリティが出てくる。」
■「実際に書くときには、絶対にレジュメをつくらなくてはならない。」
■「量をこなすことは、どんなことでも上達の条件である。書く力についても、それは通じる。」
■「自分が一番言いたいことを一行目に書く。その後に続く文章は、それはどういうことかを説明することに費やす。それだけで、四百字詰め原稿用紙3〜4枚であれば、まとまりのいい文章ができる。」
■「言いたいことを過不足なく表現しながら、凡庸にならない一文を、最初に作り上げることができれば、読む人の気持ちをつかみ、先を読みたいという気持ちにさせることができる。」
■「うまいと思える文章は、だいたいつながりそうもないものがうまくつながって書かれているものだ。」
■「意外な三つを選び出してきても、その選択には何らかのつながりがある。その三つのつながりのラインがその人の脳みそのつながり方で、それが個性といえる。」
■「書くときにまず図を描いて、それを文章化してみる。読み手が、文章を読んで、図をイメージすることができれば、クリアな文章といえる。」
■「なぜ三つを選ぶのか? それが暗黙知を働かせるための技だからだ。暗黙知とは、意識化できてはいないが、自分の体験の中で培われていた知恵である。それを掘り起こすのである。」
■「自分に食い込んできたものを三つあげるという技は、自分なりの角度がついた文章を引き出すことになる。」
■「三ヵ所を切り取る練習を徹底することによって、絞込みのセンスを磨くこともできる。」(ベスト3、ワースト3、など)
■「書くことは、ただ解消するのではなく、それを辿っていくことで、自分のモヤモヤの謎解きをする。時間はかかるが、それだけ喜びも大きい。ゲームを解く楽しみに似ている。」
■「自分に向けて文章を書く(日記など)のは、自分の中を探っていく行為である。それは、言葉を頼りにして自分の感じていることを鮮明にしていく作業でもある。」
■「書きはじめる前に、自分に向けて書く文章なのか他人に向けて書く文章なのかを、明確に意識することが必要である。」
■「世の中や他人と自分がどういう関係、どういう距離感で書くのかは、大きな問題だ。笑いをとるような文章を書くのは、その人が世の中の人から滑稽に見えるようなポジションどりをしているのである。」
(追補)「自分のたち位置をどこにとるかで、文体は違ってくる。」
(追補2)「自分が新聞記者になったつもりで書くというように、自分がどういう立場に立つかを仮定して、書いてみることは有効な練習になる。」
■「自分自身との距離感、世界との距離感、あるいは読者との距離感などが、文章にはそのまま表れる。」
■「オリジナリティを出すためには、自分が書きやすい立ち位置を見つけることが、大切である。」
■「なぜ、その三つを選んだのか、それぞれについて考えて、さらに三つをつなげる共通のものは何かを考えていくことによって、はじめて自分独自のものを書くことができる。」
■「何がよかったのか、おもしろかったのか、三つあげることによって、具体的に語ることができるようになる。どれを選ぼうかと考えているときの頭の作業が重要なのである。そのとき、頭は高度に取捨選択している。その取捨選択したときの過程を書けばいいのである。自分はなぜこれを選んだのかという確認作業をすることで、書くことはできるはずだ。」
■「自分の中で高速回転している頭の動きを意識できるようになると、こんなことを考えていたのかと、自分でもびっくりするようなことを思いついていたり、考えていたりすることがわかる。それを自分で意識化できるようになると自信につながる。」
■「本来、日記というスタイルは、「自分のことを話したいパワー」を活用して、うまく「書く力」に転化する方法である。」
(追補)「日記は自分の思いを中心に書いているので、どうどう巡りをしやすいが、それでも自分を深く掘り下げていける側面がある。」
■「書く行為は元来、溜める行為に近い。表現するのだから、吐き出すということもあるが、単に吐き出すだけならば、話すだけで満足できる。書く必要はない。書くことは、吐き出すよりは、エネルギーを溜める。考えを溜めて、自分の中の内圧を高める行為なのである。」
(追補)「出すかどうかわからないラブレターを、延々と書いていると、自分の中で内圧が高まっていくのがわかる。」
■「自分の考え、思いを掘り下げ、そこで内圧を上げて、書くことに結びつける。それはとても辛い作業である。本当に書きたいことを書くのは、本来、とても辛い作業なのだ。」
■「何かを書こうとした場合、その内容について、あまり人前で話さないほうがいい、といわれる。アイディアが盗まれるからではなく、話すことで満足してしまい、自分の中で書く内圧が低くなってしまうからだ。」
posted by コッパ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

「スラムダンクを読み返せ!!」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・5】
<本の紹介> 〜スラムダンクを読み返せ!!(パラダイム)〜


この本は、おそらく中高生向けに書かれたものだと思います。
アイデンティティや友情などについて書かれてあります。

以下は、僕がこの本で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「自分だけでは思いつかなかったことが、ある仲間と話しているうちに生まれてくる経験は誰にでもあるだろう。…(中略)…こういうときが持てる関係こそ、真にクリエイティブであるはずだ。」
■「言葉を「知っている」ことと「使いこなせる」ということは違う。」
■「肝心なことは、「自分で自分を○○と言いたいか」だ。」(アイデンティティについて)
■「ほんとに自分はこれなんだと言い切れるためには、時間をくぐり抜けるというか、プロセスが必要だ。」(アイデンティティについて)
■「「アイデンティティ」は、失ったときに、その価値を思い知らされるものだ。」
■「自信とは、自分に対する信頼だ。これを失うことは深刻だ。」
■「肝心なのは、自分のスタイルを磨くことだ。そして、ほかのスタイルとの出会いから、クリエイティブな動きを生み出せればいい。」
■「数回自ら「自分は○○だ」と言い聞かせただけでは、あまり意味はないが、日常的に思い続けていると、その「アイデンティティ」が「技化」されて、必要なときに役立つようになる。」
■「(ドン・キホーテは)異常な自己肯定力を発揮する。その「思い込みパワー」の活力のすさまじさには驚くべきものがある。」
■「「化ける」ことと、そのひとの「アイデンティティ」が変わることの間には、深い関係がある。」(化ける:あるきっかけで、人が急に才能を開花させて、別人のようになること)
■「もちろん、コロコロ変わるのは「アイデンティティ」じゃない。」
■「人間はまったく孤独に、ほかのひとや社会と関係なく、存在しているものではない。」
■「肝心なことは、実際の人種以上に自分を何者だと思うかだ。「○○として育った」とか、「○○として生きてきた」ということが、恨みや妬みのようなネガティブ(否定的)なものになるのではなく、プライドや意地としてポジティブ(肯定的)に言えれば、それは、そのひとのパワーとなる「アイデンティティ」だ。」
■「他人や他民族の「アイデンティティ」を奪い、自分の都合のいいように相手を全部変えてしまおうとするなんて、どう考えたって恐ろしいことだ。だが、戦前の日本は、これをやってしまった。」
■「セックスや暴力を表現に使えば、ひとを簡単に興奮させることができる。でも、こういう興奮を利用する仕方に「マインド・コントロール」的な要素があることも、ときにはちゃんと考えたほうがいい。」
■「(「マインド・コントロール」に)引っかかると、自分を自分にしてくれている人間関係がすべて断ち切られて、戻る場所が奪われていく。これを絶対に甘く見てはいけない。」
■「「アイデンティティ」に目覚めていくことにとって、決定的に大事なのは、実は「出会い」なんだ。ひとが、そのひとの「アイデンティティ」を掴むときには、自分が何者であるか気づかせてくれるひととの「出会い」が、必ずある。」
■「「アイデンティティ」は、早くから一つに確立すればいいという単純なものではない。」
■「「勝負する」という気持ちの「張り」は大切だ。ただし、相手をつぶすような勝負は、クリエイティブじゃない。…(中略)…大切なのは、負けたときに気持ちのいい負け方ができる関係をつくれているかどうかだ。」
■「(中高生のときの仲間関係には)損得を度外視した「仲間としての気持ちの張り」がある。これが生むパワーは、大人の関係からは想像できないほど大きいはずだ。」
■「「真の仲間」というのは、ある意味では、くだらないと思える時間を一緒に過ごしたヤツのことでもあるはずだろう。」
■「ひとといっしょにいることができることと、一人でいられること。この2つはからみあっている。」
■「なにも私たちの年頃でなくたって、人々は、他人と組み合わせなくては自分の存在を確認できないものだもの」(山田詠美「放課後の音符」より)
■「人生の最終章で、「長いこと、自分の中にいてくれてありがとう」と言える相手を持てることは、最高の幸福だろう。」
■「感動は冷めないうちにひとにも食わせるのがポイントだ。」
■「くり返し見たり、聞いたり、読んだりしても飽きないものが、本当に自分の血肉になるということだ。何度接しても、毎回新しい発見があったり、感動があるものは、「自分にとっての古典」といっていい。」
■「あこがれていて、どうしても話がしたいひとには、積極的に動いて会うのがいい…。…(中略)…質問するだけで緊張する、すごい先輩や先生がいるっていうのも、自分を大きく変える契機にできるからだ。」
■「思ったことを、すぐに言葉にしてしまわないで、ハラでグッと押さえて、本当に言いたいことだけをハラの中で磨くという感じのことを意識的にやるんだ。…(中略)…これは同時に、人の話を「積極的に聞ききる」練習にもなる。」
■「「あこがれ」がどこにもない関係は、真の「友情」とは違うものだ。」
■「「そんなことは僕が許さない!」とは、なんと力強い言葉だろう。その人間にとって一番大切なものを捨てることを許さないのが、「親友」だ。」
■「お互いの成長を見逃さないような気持ちで「待つ」友がいるという気持ちが、互いを成長させるのだ。」
■「『非』クリエイティブな人間関係を切るというのは、自分の世界をせばめ、自分を小さくしていくものだと気づいた。『非』クリエイティブな人間関係を、少しでもクリエイティブな関係な方向に持っていける人格の大きさが必要だったのだ。」(とある大学生の文章)
(追補)「「クリエイティブな関係」があるかないか、ではなくて、自分が関われる場をクリエイティブにしていくかどうかが大切だということだ。」
posted by コッパ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

「段取り力」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・4】
<本の紹介> 〜段取り力(筑摩書房)〜


以下は、僕がこの本で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「特別な天才や芸術家を除けば、私たちの間にそれほど大きな才能や能力の差はない。」
■「(何かに失敗したとき)才能や育ち、環境のせいにしてしまうと改善のしようがない。改善のしようがないから努力もしない。だが「段取りが悪かったからうまくいかないんだ」と考えることで、対処法が違ってくる。」
■「自己否定してしまうと、次のエネルギーがわかないが、「自分に力がなかったのではなく、段取りが悪かっただけだ」と考えることで、自己肯定を維持したまま改善できる。」
■「マニュアルを作った人間は素晴らしい。手順や段取りを普遍化させていくわけだから、素晴らしい「段取り力」の持ち主である。つまり、マニュアル通りに動くということと、マニュアルを作る側になるというのは、似ているようで雲泥の差があるのだ。」
■「マニュアルから学ぶとしたら、そのマニュアルがなぜそうなっているのか、意味を考えたり、自分以外のマニュアルを読み取ることだろう。」
■「ある活動の裏にあるマニュアルを読み取れるということは、自分でマニュアルを作る能力があるということだ。マニュアルを自分で作る、すなわち段取りを組む側になってしまえば、ほんとうに力がついたことになる。」
■「成功例と言われるものを見るときには、「段取り力」の観点から分析する習慣をつけておくことが大切だ。」
■「気づいたことは確実に経験になっていくから経験知が増えていく。」
■「区別すべきは働いているかどうかではなく、稼いでいるかどうか、付加価値や利潤を生んでいるかどうかである」
■「新しい価値が生まれるところにエネルギーを注ぐべきであって、価値を生まない下準備のところでいくらがんばっても結果に反映されないのなら、仕事とは言えない。」
■「納期という考え方は非常に有益だ。いつまでに終わらせなければいけない、という期限なしには改善は難しい。」
■「頭の中で映像化してシミュレーションができる能力は、実際の紙やモニターの上で描いて作る以上に、力としては実践的だ。」
■「大事なのは出会った現物を見て、経験を積み重ねることによって、自分の中にチェック項目を増やしていくことだ。」
■「テーマを盗んだ来ても、それを自分の身体や感覚を通して表現すると、どうしても変形される。」
(追補)「テーマを変形する力が、何かを生み出していく重要な部分だ。」
■「素材を限定することによって行う段取りには、非常なアイディアが要求される。」(例:テレビ番組「料理の鉄人」)
■「作るとは、すなわち自分のアイディアを組み込み、最終的なビジョンと素材の間をつなぐ階段を作るということだ。」
■「自分がいる場所でただ言われたことだけをやっているのではなく、全体で何が起こっているのかを、マニュアルを構築する側の立場に立って見通す。これがマニュアルを盗む力だ。」
(追補)「マニュアルは作る側から見ると知恵の結晶である。」
■「「段取り力」とは、全体を通して見る予測力のことだ。一部だけしか見ないマニアでは段取りが組めない。」
■「会社の会議室で「さあ」と構えてしまうと、どうしても雰囲気が硬くなってしまう。アイディアではなく、意見が出てしまうことが多い。」
■「現実には予測しないトラブルが起きるものだ。そのトラブルを吸収して、いち早く回復できるものがよいプログラム、すなわちよい段取りである。」
■「突発的なトラブルが起きたとき、回復できるようなシステムを作っておくのは、高度な「段取り力」だ。「トラブル吸収段取り力」とでも言えようか。これを持っていると強い。」
■「何事もそうだが、ひとつ道をつけるところまで到達するのが大変だ。そこまでが仕込みの段階で、あとは一度道がついたところを増幅していけばいい。」
■「先が見えない努力はつらい。しかし、これを続けていれば、必ず質的な変化が起き、少しでも変化すればそこを増幅すればいいと分かれば、反復も続けていける。これが上達の基本だ。」
■「続けるコツとは、段取りを遂行している最中は考えるエネルギーを無駄遣いしないということだろう。」
■「非常に意志力があると見える人でも、実は脳を使いっぱなしにしているのではなく、ある期間は自動運動している。」
■「段取りが分かっている仕事のうちのある工程は、脳が休まる。この場合は一つの精神安定にもなっていると思う。「段取り力」があって見通しがあるほどに、途中の作業はシンプルになる。」
■「ポスターは毎日見ていると、イメージが習慣化され定着する。」
■「自分は今、何のために何をやっているのだと常に意識できる人間でないと大きなことは成し得ない。」
■「なぜそこまで知覚できたかというと、問題意識があるからだ。」
■「トレーニングで一番大事なのは、やったことによる自信を得ることなんです」(これはスピードスケートの清水宏保選手の言葉)
■「図式化の能力は「段取り力」の根幹をなすものだ。段取りができるということは図式化もできるということだ。」
■「ラフでもいいからとりあえず(プランを)作っておいて、精神の安定を確保してから細かいところを微調整していく。…(中略)…これは、仕事を進めていくためには重要なことだ。」
■「どこまでやっておくと、後戻りしないのか。あるいは休んで忘れてしまっても、すぐに次の段階の作業に取りかかれるのか、これがポイントだ。」
(追補)「それが消えないところまで形にしておくことが重要だ。つまりチャートにしておく。それも非常に細かな手順のチャートにしておくと、後戻りしない。」
■「恐ろしく複雑な手順をチャート化できるまで煮詰めることが、“鬼”の「段取り力」を成功させる鍵だ。」
■「自分の身体知、経験知がしみ込んだ使いやすい物は大事にする。…(中略)…そういう物を大事に残していくと、使うことによって経験が呼び覚まされ、自分にとって使いやすい状況がさらに作られていくのだ。」
■「どんなものでも3つに絞り込むことが重要だということだ。」
■「(文章を書く上で)一番困難で頭を使うのは自分の身の回りに起こった出来事を文字化し、面白おかしく書くことだ。」
■「たいていの製品にはSMLの3種類を作っておけば大丈夫なのだそうである。」
■「私たちは時間に縛られない自由な感覚をつねに求めているが、しかし段取りよく物事が進むと気分がよく、自由な感じを味わえる。」
■「意見を言っている暇があればアイディアを出せ、ということだ。反対意見を言うなら代替案を出してほしい。」
■「常に必要なのは具体案だ。」
■「アイディアを批判するのは簡単だが、それでは何も生み出さない。アイディアの批判は、別のアイディアを出すことによってなされるべきだ。」
■「どのアイディアが具体的かつ本質的であって決定打になるのか、分かるセンスも必要だ。それがあればアイディアを思いつくことができる。」
■「「段取り力」を鍛えれば、人生の危機をかなりの確率で回避できる。」
■「法則化されたものは技になる。一度技化されてしまうと、カッコの中の要素が変わっても法則は変わらない。」
■「変わるポイントを見抜く力が「段取り力」だ。「区切り」が段取りの鍵である。」
■「ミスをあるところ以上に広がらないよう受け止めておく器が用意されている人は、「段取り力」があると言える。」
■「最大の鍵になるポイントに最大のエネルギーを注ぎ込むことが、成功の秘訣である。その人の能力いかんというよりは、そのエネルギーの使い方次第であろう。」
■「メリハリをつける段取りで一番重要なポイントは、与えられたものの順番を入れ替えて、自分なりに組み替えるということだ。」
(追補)「日本人は真面目だから、どうしても順番を守らなければいけないという強迫観念にとらわれてしまう。」
■「状況によって引き出されてくる技術や力がある」
■「「段取り力」によってそれ(本来持っている力)以上の資質を引き出すことができると、未来に対して希望が持てる。状況が力を引き出しそれが何度か繰り返されていくと、その力が本物になっていく。」
■「カリスマと言われる人も、なんとなくできているのではなく、うまい段取りを組んでいるだけなのだということが分かる。それが分かれば、自分だってカリスマになれるのだ。」
■「アイディアは、きっちり段取りを組んで考えるとそれなりに生まれてくるものだ。なんとなく無のところからふっとアイディアが生まれてくるよりは、条件を固定したほうがアイディアが出てくる。」
■「基本的な人間性はなかなか変わらないが、「段取り力」は明らかにちょっとした意識化と練習で伸びる。人生に希望が持て、仕事が楽しくなる。」
■「何かをやるときには、いつも「自分がどういう角度で、何に向かうのか」意識していることが大切だ。」
「よく勘違いするのは、緻密に時間的な順番をこなしていくことが、段取りだと思ってしまうことだ。」
■「順番を入れ替えるということが重要だ。本当に「段取り力」がある人は、時間的な順序関係ではなく、優先順位で組み替えていく。」
(追補)「できない人は、与えられた順番をそのままやってしまうことが多い。」
■「追い込まれれば、人間はたいがいのことはやれるものだ。」
■「段取りのいいところは、一度決めてしまうと、自分の日々ゆれ動く感情ややる気の変化とは関係なく、段取りに従って動くしかなくなるという点だ。」
(追補)「つまり段取りとは、一度決めてしまうと自分の外側にあって、自分の力を引き出す働きをしてくれるものである。」
■「素人は、仕込みに関する意識がない。仕込みの意識のあるなしが、「段取り名人」と素人の分かれ道だろう。」
■「面倒な裏の段取りが見えると、はたして自分に向いている仕事かどうか見極めがつくだろう。」
■「完成形がシンプルに見えているほうが、裏の仕込みは複雑であることが多い。」
■「今は自分の領域だけをやっていればいいのではなく、作っていく段取りをいろいろな分野から吸収し、「段取り力」を練り上げていく時代に来ているのだ。」
■「「段取り力」を鍛えるには、望遠鏡や顕微鏡の倍率を変えるように物の見方を変えてみることだ。」
■「高度な仕事をこなしているのにもかかわらず、考え方は実にシンプルなことが多い。自分のやっていることを単純化できるので、無駄な脳のエネルギーを使わない。」
■「根気よく続けて量を蓄積しブレイクスルーする人は、根気がいい性格だったと言うよりは、むしろ見通しのよさに支えられていると言ってもいいだろう。どんな人でも見通しのないことに関して根気は出せない。」
(追補)「根気や根性、やる気や持続力といったものは、段取りの確信があってこそ加速する。」
■「「段取り力」は領域を超えるものである。何かに秀でた「段取り力」があれば、必ずそれは他のものに応用できる。」
■「探すときは「あるかもしれない、でもないかもしれない」と思って探すと、たいがい見つからないが、「必ずある」と思って探すと見つかるものだ。」
posted by コッパ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

「嫌われる言葉」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・3】
<本の紹介> 〜嫌われる言葉(講談社)〜


以下は、僕が感銘を受けた文章の引用です。↓

■「いったん嫌われると、感情的にもつれて、その後いくらフォローしようとしても難しい。」
■「言われて嫌な言葉は、実は思い出せるということ自体が、非常に重要なことである。なぜかと言うと、思い出せない人というのは、自分で無意識に使っている人だからだ。」
■「憎めないやつと憎まれるやつとの大きな分かれ目が、自分の失敗談を言えるかどうかという点である。自分の失敗を自然に言える人は、やはり憎めない。」
■「私の経験上、きついことを言うからには、それだけの信頼関係をつくっておかなければならない。」
■「どの言葉を使ったらその人の逆鱗に触れるのか。そのツボを感知する、いわば地雷感知能力を持つことが、社会人として生きる力となる。」
■「一般的に使ってはいけないということよりも、それが相手の地雷なのかどうかということを感知する必要がある。」
■「上司はお使いの失敗を避けるために、相手の能力に応じて指示内容を変えるべきである。」
■「時代劇調で話すと、なぜか場が和らぐ。」
■「能力の高くない人ほど、結構カチンとくるものだ。」
■「ちょっとでも指摘が当たっていると、ついカッとなるものだ、人間というのは。」
■「「頭悪い」と言われた側は、自分なりに悪い方向へ拡大解釈をして、その後も自分を傷つけ続けるという最悪の言葉になる。」
■「ずばり、「頭がいい」とは文脈力がある、ということだ。もうそれ以外にない。」
■「伝聞調で悪いうわさを聞かされたら、ダメージも増幅する。」
■「伝聞調は褒め言葉に限る。」
■「人間関係を悪くするのなんて簡単である。猜疑心をかきたてればいいのだ。」
■「(悪口を)「誰かが言っていた」と言われたら、反論のしようがないし、説明の使用もない。卑怯にも一方的なのだ。」
■「「早くしろ!」と言う前に、今どこまで進んでいるのかを確認する必要がある。」
■「常に大きい問題にばかり思考がいってしまう人というのは、現実を直視しないという傾向があるようだ。」(“オオグチタタキ”は半分病気…「会社が…」「世の中が…」「不況が…」「世界が…」)
■「いつも話の頭に「オレは」「オレなら」とつけたがる「オレ様系」の人は、知らないうちにうとまれていることを自覚したほうがいい。」
■「私が思うに、好き嫌いと良い悪いの判断というもののちょうど中間くらいに「センス」なるものがある。
■「誰でも自分というものにとらわれているから、相手のアイディアがいいとわかっていても、自分が出したものに固執してしまう。まず、そういうレベルから脱しなくてはいけない。この心理的障害を取り払い、誰が言ったかはまったく関係なく、柔軟にいいものだけを選ぶセンスを磨くのだ。」
■「アイディアを出し合える柔らかな人間関係を築ける人は、年齢がいくほど経験知も増えて、より確かな判断ができるようになるのだ。」
■「仕事のできる人は、「できない」ではなくて「できたらいいな」と発想する。それで、できるためには何をすればいいかを考えていく。すると、不思議と実現してしまい、それを繰り返していくものだ。」
■「「難しいですね」という言葉を生涯使わないと決めたら、これはかなりいい訓練になるだろう。気がつくと、この言葉はふっと上がってくる。口のそばまで。」(「難しい」と言うくらいなら黙ってるほうがいい)
■「最近は大人も子供も「えっ」と言うが、それは言い訳を含んでいる嫌な言葉だ。…(中略)…「えっ」ではなく「おっと」。これだけのことだが、ほんとうに使える技というのは、非常にシンプルだけど効くものだ。」(「おっと」は愛嬌があっていいので)
■「嫌なセリフを言う上司を責めるのは簡単だ。でも、もしかして、質問者の側にも問題があるのかもしれない。」
■「「任せる」という言葉は、相手をやる気にさせる究極の起爆剤なのだ。「おまえに任せる」と言われれば、最高にやる気になる。」
■「やっかいなのは、「とにかく任せた」と決めゼリフのように乱用する人たち。」
■「空気というのは、結局一人ひとりの心なのだ。…(中略)…だから、決して全体の雰囲気ではかるものではなく、一人ひとり個別に見ていくと、自ずとつかめるものである。」
(追補)「特に、今注意しなければいけないのは誰かを見つけることが大事だ。」
■「発言する者は、この発言をしたらどうなるかということを、あらかじめチェックしてから言う癖をつけるようにしたほうがいい。」
■「本質をつきつめられるような実力は、非常に高いレベルであって、経験知の低い人に本質はつきつめられないのだ。経験知の低い人が本質を求めると、抽象的になるか、もしくは自分の価値観にものすごく密着してしまう。」
■「こだわれない人間は、そもそも何も生み出せないが、こだわる人間からはうまみと一緒に“あく”も出てくる。」
■「脳でおこなう作業というのは、実際に行動レベルでやったことの応用でしかないと思う。」
■「ずっと同じことをやっていると飽きてしまうが、いつか固まる瞬間が来るとわかっている人は、それに耐えられる。」
■「ここまでなら待てるが、そこを超えたら怒り出すというボーダーラインがあるものだ。」
■「人間というのは、人間関係が大丈夫だったら、少々のミスは見逃したり、許容したりできるものだ。」
■「店員の愛想が悪いというのは致命的な欠陥なのだ。それは、接客業で愛想が悪いということは、すでに仕事をサボっていることになるからだ。」
■「今、世の中で一番多いのは“言い訳野郎”である。」
posted by コッパ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

「齋藤式潜在力開発メソッド」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・2】
<本の紹介> 〜齋藤式潜在力開発メソッド(マガジンハウス)〜


“潜在力”について、この本で齋藤さんはこんなことを言っています。

「潜在力とは、天から授かるありがたい魔法の力ではない。これまでに蓄積された経験を、他の領域にアレンジしていくことにより、誰にでも発揮できる力のことだ。」

素晴らしい言葉です。
自分にでも潜在力が発揮できるんだ!…と思えて、とても勇気が出る言葉です。

この本には、上記の引用文に記してあるような“潜在力”の考え方・発揮する方法などを具体的に書いてあります。
また、“限界の超え方”についてもふれています。
たいへん読み応えのある本です。
スポーツをやっている方にも有用なことがこと細かく書いてあります。


以下は、僕がこの本の中で感銘を受けた文章の引用です。↓

■「自信は恐れをなくし、ひいては潜在力を引き出すのである。」
■「大事なことは、量が質的な変化を起こすまで反復することだ。」(練習などは、質的変化を起こす前にやめてしまえば、ゼロと変わらない)
■「物事を様々な要素に分け、そして習熟していくことが大切である。」(分節化)
■「自分の中にある感覚を言語化し、いかに分類することができるかが重要だ。」
■「私はひとつの分野に3つか4つの基準を持つことができれば、どんなものでも分類しやすくなると考えている。」
■「人間があることを認知していくには、自分が知っているものを基準にしながら、知らないものを理解していくしか方法がない。それを反復して練習していると、ある時点で突如爆発したようにすべてが分かるようになってくる。これが量の質的転換である。」
■「漠然と感じてはいるけれども、言語化まではしておらず、なんとなく分かっているグレイゾーンがあり、これをクリアに分節化し、言葉にしていくことが潜在能力を発揮することになる。」
■「自分のテンションがもっとも上がる動機は何であるかを自覚しておくことだ。」
■「とにかく、勉強は面白くないし、好きではなかった。けれども「勉強は量である」と割り切り、量をこなすことで頭をレッドソーンにまで追い込んでいったのだ。」
■「私の場合、基本的に記憶力というものにはそれほど個人差がないという確信を持っていた。」←勇気が出る言葉ですね!(コッパ)
■「ある量を超えると脳の容量がいっぱいになってしまって覚えられなくなるということはない。むしろ、たくさん覚えようとするほど脳は覚えやすくなるように機能する。」
■「普段から隙間時間のことをシミュレートしておくと、ちょっとした時間も色濃く過ごすことができるようになるのだ。」(心の準備)
■「人はよく「疲れた」というけれど、潜在的に持っているエネルギーを考えれば、疲れ切ってしまうのはむしろ難しい。…(中略)…局面を替えて仕事に取り組めば、エネルギーは自ずと湧き出てくる。こう考えると、エネルギーは疲れという感覚そのものを排除する。」
■「私は、人間というものはそう簡単に疲れるものではないという考えに立っている。」
■「アイデアを生み出そうとするときには、同時にアイデアを逃さないための工夫も必要である。」(メモ帳は必須)
■「対人関係能力を養うためには、その場全体が盛り上がるように配慮する訓練も大切だ。」(複数人数での会話、授業、会議、など)
■「英語であろうと日本語であろうと、話をするとは何かについて語るということであり、話題を持ってさえいれば余裕を持って自分のペースに持っていくことができる。反対に、話題が貧弱で自分のペースに持っていけない場合は、会話そのものが苦しくなってしまう。」
■「意識は何かに向かうものであり、何も意識しない状態をつくり出すのは難しいということだ。」
■「自分が持っている能力を十分に発揮させるという面から見ても、脳を上手に休ませる技術を持つことは重要である。」
■「記憶力とは経験知だ。経験知が高いほど、つまり、経験の積み重ねが多いほど、次の行動をするときに選択ミスが少なくなる。」
■「意識の焦点をどこにあてればいいのかを鮮明にして、課題を持たせる点で、イメージトレーニングは有効だ。」
■「何かを習得しようとするとき、人はそこにある技術をすべて自分のものにしようと考えてしまう。しかし、本当はすべてのなかから自分が使う技術を制限することの方が重要だ。つまり、使える技術を多くせずに整理する。」
■「(限界を感じたとき、などは)何かのきっかけがあれば、案外すんなりと乗り越えられることが多いのも、また事実。問題は、そのきっかけをどうつくるかだ。」
■「肝心なのは、何かが達成できるようになるということだ。」
■「直感から生まれるものは決してバカにできないのだ。」
posted by コッパ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

「齋藤孝のアイデア革命」(齋藤孝さんの本)

【僕の尊敬する齋藤孝さんについて・1】
<本の紹介> 〜「齋藤孝のアイデア革命」(ダイヤモンド社)〜


僕にはテレビを見るという習慣がないので、齋藤孝さんをテレビで見たことはありません。(よく出ているらしいですが)
ただ、齋藤さんの本…というか考え方には、深く感銘してしまいます。

齋藤孝さんのすごいところは、僕が、「なんとな〜く分かってるんだけど〜」…というような感覚でしか認識していない物事を、きちんと、明確に、分かりやすく、言葉として説明しきってしまうところにあると思うんです。
ぼんやりしたものに輪郭を持たせるような感覚…ですかね。
そういうものをひとつひとつ読みすすめるうちに、また感心してしまうわけなんですよ。


「齋藤孝のアイデア革命」
この本で齋藤さんは、
「アイディアを出すということは、“才能”だけではなく、“技術”なのだ。」
…というようなことを言っています。
たいへん勇気の出る考え方です。
しかも、その「アイディアの出し方の技術」について、とても分かりやすい解説をしています。

たとえば、「f」という基準を作ってみると、そこに他のものを当てはめることができれば、それはアイディアなのだ、というようなことを言っています。
つまり、「f」を「ボックス」と決めてみると、そこに、「電話」や「カラオケ」や「シネマ」などが入るわけですよね。(←本文参照)
基準とする「f」に当てはめられることを思いつけば、それはアイディアだというわけです。

齋藤さんは、こうも言っています。
「人間とは面白いもので、「とにかく何かアイデアを出せ」と言われると途方に暮れてしまうが、「空欄を埋めよ」ならなんとか対応できる。むしろ率先して埋めてみたくなる。」
なるほど〜、と、また僕はうなずいてしまうんです。(笑)


以下は、僕が感銘を受けた文章の引用です。↓

■「問題意識のないところにアイデアは生まれない。」
■「人生は退屈との戦いである。」
■「本来は頭を使うことにも快楽がともなうのだ。」
■「人間は追い込まれると、何らかの答えを出せるものだ。」
■「最近は「量より質」などという表現をよく目にするが、私は「量こそ質」だと思っている。」
posted by コッパ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する齋藤孝さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。